2011年3月20日(日) Unknown Pleasures

Unknown Pleasures


18:00-21:00
2000yen(inc 1drink)

メス戌&Co. / 粒子 / イチャイチャマット


– Code of independent rock –
現在のロックの文脈でのポストロック、エクスペリメンタル・ロック、エレクトロニカ、アコースティック、ポストクラシカル、アンビエント、音響系、ドローン、インダストリアルなどの始まりは、間違いなく80年5月18日のイアン・カーティスの死によって始まったといっていいだろう。「シュルレアリスティックなモンタージュ、想像上の映画のための詩を書いているその目的は、聴くものにメッセージを伝えるためではなく不思議な感情を喚起するためだ」と言ったイアン・カーティス。そしていまもまだ我々の絶望や孤独はあの時代に置き去りにされたままなのだ。 ある批評家はロックを成立させ、ロックであることを決定づける価値観の体系が ” ロックに仮託された超越・反抗・逸脱の感覚と心性の社会的構造 ” とし、「ロックとして卓越した存在になること」と評しているが、しかしはたしてそうだろうか、現在、それらはすべて意味を語る必要の無い ” 自明のロック ” として記号化され認識されているだけではないのか。未知の喜び= Unknown Pleasure、80年のジョイ・ディヴィジョン以後のオルタナティブ・ロックから、90年代以降のグランジやブリットポップなどの、そして現在のポストロック以後のインディ・ロックと呼ばれるロック・ミュージックを横断するイヴェント。


LIVE:

メス戌&Co.

20世紀中頃からさんざん流されてきたポップソングがいまだに生まれ続ける場所。
世界は少しづつずれていくというのに。飽きもせず。
そこには、だいたいいつも
うたう岩田篤とゆらぐ吉田明弘ときざむ岩田邦彦が居て、ほかにも素敵な演奏家たちが出たり入ったり。
そのたび気温は上がったり下がったり。
そして今日も、うたいたくなるのはあの歌。

粒子

2008年結成。
独特のリズムとメロディで大阪、神戸でファンを増やしている今注目のバンド!

イチャイチャマット

ラァス・グォラムやオバンクルといったエキゾチックアーチストに影響を受けた世界のサウンドをあなたに。
イチャイチャマットが奏でるアルムワイリの神話と寓話、そして未来の姿。
アズクの樹液がしたたるnu thingsでお会いしましょう!ブエーロ!
名前とは裏腹にドローン/サイケデリックを通過したディスコダブサウンドを聴かせる。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。