2011年4月30日(土) WIR SIND SOHNE VON STOCKHAUSEN – DEUTSCHLAND DEUTSCHLAND ÜBER ALLES –

WIR SIND SOHNE VON STOCKHAUSEN – DEUTSCHLAND DEUTSCHLAND ÜBER ALLES –

19:00-23:00
2000yen(inc 1drink)

「 WIR SIND SOHNE VON STOCKHAUSEN – DEUTSCHLAND DEUTSCHLAND ÜBER ALLES – 」を展開してきて、今回で5回目を迎える。イヴェント的には3、4回目は、あまりぱっとしたリアクションを得ることができず失敗に終わったが、それでもre model projectとリンクしながら、Velveljin、Seiho、Tokuda Junya、And Vice Versaという才能ある若いエレクトロニック系アーティストたちを発掘できたことは、まあ、少なからずこのイヴェントの目的を果たしているのではないかと思う。今回は言ってみれば2サイクル目に突入という意味でも、re modelレ−ベルから作品をリリース出来るまでの若い才能が集結したのではないかと期待している。ボクとしては、このイヴェントから若いエレクトリック系アーティストが育ってくれないことには困るのだ。そして将来、彼らがこのシーンで頭角を顕し、なによりも成功してくれることを望んでいる。( 阿木 譲 )

LIVE:
Yuji Kondo ( aka Ducerey Ada Nexino / Steven Porter)

2010年1月、Warp Recordsや!K7 Recordsなどで知られるJimmy EdgarのリミックスSemantica Recordsからリリース。同年2月にはGenesa RecordsからリリースされたEPがBeatport Minimal Chart Top 100にランクインし、レーベル自身のベストセラーとなる。
最近ではChris Liebing主宰CLR Podcastなどで様々なDJに選曲され、ここ日本から世界へ向けて独自のサウンドを展開している。
2011年、スペイン、ドイツ、イギリス、セルビア、シカゴ、アメリカ、日本など、ヨーロッパを中心に数々のリリースが決定している。
また、昨年10月からスタートさせたインデペンデント・レーベル< 10 LABEL >では、昨年設立10周年を迎えたAi RecordsのEOC aka Katsunori Sawaと共に主宰を務めており、いよいよ今年レコードリリースが予定されている。

Jun Nishimura

京都生まれ。コンポーザー、キーボーダーとしてRock、Pops、Jazzなど多岐にわたるジャンルでの長いバンドキャリアを持つ。
1999年よりLaptop+シンセサイザーというスタイルでClub、Gallery などでソロパフォーマーとしてライブ活動を展開。2007年にはベルリンのレーベルMerkurより1st.EPをリリース、hrfq.com,wasabeat等の各クラブ系サウンド販売サイトにてtopにランキングされ、同年ドイツ各地でライブアクトを行う。
ソロライブパフォーマンスを行う傍ら、建築3D作品のサウンドトラックやコンテンポラリーダンス、インド舞踊等のダンスパフォーマンスのディレクション/音源制作、アニメーション、TV番組等の商業音楽の音源も手がけるなどそのクリエイティビティーは幅広い。

koemasaRAM
ram
1990年10月27日生まれ。大のトマト好き。
15歳の頃に某アレンジイベントに感化され作曲・編曲を始める。
しかしクラシックの難しさにやられ、息抜きにと似非トランス製作、公開。
これがまさかの某SNSで好評を得、それをキッカケにダンスミュージックの製作に目覚めはじめる。
2008年の1月上旬(当時18歳)にDJセットを整え自宅DJを始める。
この時期からやっと作曲・編曲において成長の兆しが見え始め、ダンスミュージックに本腰を入れるようになる。
そして2008年3月9日、originをM3 OSAKAにてリリース。
高校生と大学生への節年という理由からの心機一転を兼ねて2008年12月に平和という風を閉鎖。
そして2009年からはobtainと改め、音楽活動を再開。
今後もさらなるクオリティ向上の為に日々精進している。

NASAA

東京を拠点に活動する電子音楽家。
ゼロ年代後半よりサウンド・アーキテクト(音響建築家)として、活動を開始。サイン波、マテリアルノイズ、フィールドレコーディングなどの音素材を大胆に加工編集し再構築するIDMから現在のグリッチまでを横断したスタイルの音響作品を発表し注目を集める。また、常に新しい方法論を提示する実験性の高いライブには定評がある。東京から阿木譲氏に音源を持ち込みし、出演が決定。
今回がnu things初出演となる。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。