2011年6月2日(木) Niklas Winter & Teemu Viinikainen Japan Tour 2011

Niklas Winter & Teemu Viinikainen Japan Tour 2011

open 19:00/start 19:30
adv 3500yen/door 4000yen(each exclude 1drink)

LIVE:
Niklas Winter & Teemu Viinikainen

The Five Corners QuintetのトランペッターJukka Eskolaや、ジャズピアニスト、新澤健一郎トリオ等のプロジェクトで数多くの来日経験を誇るギタリスト、Niklas Winterが、2009年フィンランド最優秀ジャズミュージシャンに選出されたギタリスト、Teemu Viinikainenとの新コラボレーション。
最新アルバム「Eight Songs Seven Keys」からの曲を始め、スタンダードナンバーからオリジナルまで、北欧の息吹を感じる洗練さと豊かな表現力で観客を魅了します

Niklas Winter

1969年生まれのギタリスト。トゥルク音楽院および、バークリー音楽院にて学ぶ。
北欧の混成グループ”Scandinavian Jazz Quartet”のメンバーとしてキャリアをスタートし、1999年には自身のレーベル”Abovoice”を創立。2004年からは積極的に日本に来日公演を行い、2007年にはキングレコードより”Beautopia”をリリースしている。
年に1回は来日したいと明言しており、日本で活動や演奏を見る機会の多いフィンランド人ミュージシャンの一人である。
Photo By Charlotta Erkkilä

Teemu Viinikainen

シベリウスアカデミージャズコース卒業。若手にしてフィンランド最高のモダンジャズギタリストの一人。
ジョー・ロバーノ、デイブ・リーブマンらとの競演をはじめ、海外のミュージシャンたちとの交流も盛んであり、2009年にはフィンランドにおける年間最優秀ジャズミュージシャン(Yrjö Awards)に選ばれた。
Photo By Teemu Höytö

presented by:O-MORO

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。