2011年6月11日(土) CLIMB UP

CLIMB UP

22:00-midnight
Mens 2000yen/Ladys 1000yen(each inc 1drink)

GUEST DJ:
DJ URATA
94年頃より神戸、大阪を拠点に活動開始。以降、洋邦、新旧、分け隔てない選曲、すなわち広義での「HIPHOP」と称される漆黒のGOOD MUSICをプレイし続ける敏腕DJ。
これまでに、90年代HIPHOPに焦点を絞った”MAGNETIC”、”SKILLZ”(DJ TOSHIBOとのスプリット)、”BEST OF STATEN ISLAND”といったミックス音源をリリース。
更にはJAPANESE HIPHOPのスペシャリストとして、ライムスターの人気ラジオ・プログラム、”WANTED”への出演、日本語ラップ・オンリーのパーティー、「蝕」(@渋谷GAME)へのゲスト出演、CISCO RECORDSへとノベルティ音源の提供、2006〜2007年リリースの濃ゆいHIPHOPを集めたミックス、”HIPHOP刑事”リリース(2007年)、関西シーン指折りの鬼才プロデューサー、EVIS BEATSとの共作ミックス音源制作、DJ JIN率いる国内屈指の高品質HIPHOP EVENT、”BREAKTHROUGH”(@青山MIX)への出演、各種媒体での音楽ライターとしての活動など、2010年も他に類を見ない守備範囲で独自のHIPHOPを表現し続ける、「全方位型HIPHOP DJ」である。

DJ KAZUYA
1998年の時に出身地である群馬県を拠点としHIP HOP / R&Bを中心としたスタイルでDJを本格的に始め、2000年から都内での活動をスタート。
自然とフロアに導くセンスを持つDJとしてクラブ業界で認められ、全国各地、数々の現場でクラウドに衝撃を与え続けている。
過去に4枚のMIXCD「Novel Way Of」(2005) ・「Love」(2005)・「Never Mind」(2006)・「URBAN JAM」(2008)をリリース。
また近年「Dance@Live」「Juste Debout」「World Dance Colosseum」など両国国技館やJCBホールにて開催された日本最大級のダンスバトルイベントにてHIP HOP部門のDJを受け持つ。
クラブ以外においては某高級外車関連パーティーでのDJや新宿東亜会館に立地するレストラン「P.B.P.」でレギュラーDJを担当。米軍基地側の福生でのレギュラーDJ、結婚式場でのカウントダウンパーティー等、その場その場で空気を読んだプレイが好評をよんでいる。
またFMラジオ出演や渋谷、栃木、埼玉を中心としたイベントオーガナイズ、ユーズミュージックに所属するSHAKABONEのライブDJとしても活動。
さらには携帯サイト「EXPLOSION」にて楽曲レヴューやコラム等の執筆、その他フリーペーパーへのレヴュー提供などのライター活動等、多岐に渡り活動の幅を広げている。

GUEST DANCER(AtoZ):
Joooozy
NARI
Sensyu Soul Brothers

STRONG G FAMILIA
2007年5月、各コンテストで実績を残したメンバーが集まり、『STRONG G FAMILIA』を結成。
スキル、バイブス、パワー、遊びを取り入れた男勝りなショースタイルには定評があり、また、チーム平均身長164cmというスタイルを生かし、STAGE DANCER、ヘアモデル、ファッションショーモデルなどプレイヤーとして活動の幅を広げる。
男と女の二面の顔を持つ新たなダンスチームとして各方面から注目を集めている。

the pipe election

Zipp69
TAKURO、つよき剛希、QumaからなるLockダンスチーム。
コンテスト、バトルでの優勝の他にも、関西を中心に様々なBIG PARTYにゲスト出演。 各個人では振付師、バックダンサー、TV出演、インストラクター等、様々な方面で活躍中。

RELEASE LIVE:
DOPE ON PLASTIC MC’S
結成以前からソロで活動を行っていたQ-SKILLと生まれも育ちも異なるが共通の90’s HIP HOPに魅了されていたIDE STINK MIERが2004年に大阪でDOPE ON PLASTIC MC’S(ドープオンプラスティックエムシーズ)を結成。
グループ結成以降、常に黒いGROOVEを表現しど真ん中の直球HIP HOPを貫いてきた。そのスタイルは黒いモノ好きのヘッズや同業者達にも影響を与える。
5曲入りのCDR音源”PLASTIC TECH’05″(現在では入手困難)その強い印象も冷めない中、2010年リリース予定のアルバムに先行してヘッズ待望の12インチ”DOPE ON SKILLZ”を自主レーベルMAD SCIENCE RECORDSから完全限定枚数でリリース。現在、自分達のスタイルをシーンに伝えるべくLIVE、リリースに向け奮闘中。

LIVE:
CL@P
2002 年8月結成。SHOTZ(MC)とDJ R-LOW(DJ)からなるCL@Pは大阪を拠点に活動を開始する。
結成わずか4ヶ月という異例の早さで、『GREAT HIDE OUT @ BAYSIDE JENNY』のフロントアクトに抜擢され、それを機に年に1度の『GREEN DAYZ』や MOTHER HALL のラストイベント『さよならマザーホール』などのビッグイベントに参加し若手の中から頭角を現す。
CL@Pの持ち味はLIVEである。自ら『NORE-NORE STYLE』と言うように、まず誰よりも自分達が楽しみ、そしてお客を巻き込んでいくという他に類を見ないスタイルでファンの心を掴んでいる。
楽曲では生音と打ち込みを駆使したハイクォリティなトラックに、Shotz のリスナーの頭を振る変幻自在のフロウ、幅広いトピックスで包み隠さな い言葉を絡めるラップも人気の要因であり、日々大阪で活動中。
そして、その活動範囲は関西だけに留まらず、東京・栃木・埼玉などの関東エリアや長野・広島・岡山・熊本などの都市でも精力的なLIVEを行い、高い評価を受けている。
2003 年には全国の若手アーティスト多数と最凶音術師ことDJ 刃頭のコン ピレーションアルバム『JAPANESK feat. NEW GENERATIONZ』にも参加。 一方、DJ R-LOWは2005年より音楽の幅を広げるため、アメリカはロサンゼルスに留学。
そして2006 年11 月、ファーストミニアルバム『自分製造所-JIBUN FACTORY-』をリリース。
また同年、同じ志を持ったアーティスト仲間でCRE8ERS pro.を結成。
そして2008 年8月、DJ R-LOW が3年間の留学を経て帰国。
そして、2009.05.05にセカンド・ミニアルバム『PUT OFF』をリリース!
2010年、THREE HAIR CAT STUDIOを立ち上げ、新たな動きを見せるCL@Pから目が離せない。

DI-RAY

Kecchi
2003年、大阪はアメリカ村を拠点としたHipHop Crewを結成、同時にキャリアをStartさせる。
結成当初から、大小、場所を選ばず様々なPartyに参加。
その後、幾つかのグループでの活動を経て2006年、更なる飛躍を誓いソロ活動を開始。
現在までに、国内外問わず数多くのGuest Artist(DJ BIG SYPHE(from LOS ANGELES/POWER 106)/山嵐/LAMP EYE/TWIGY/DABO/E.D.O…and more)のMain Act/Front Actを務めるなど、年間約80本のStageをこなし、確実に現場でのPropsを得ている。
また、多数のRelease作品への楽曲提供やfeat.参加、FM Radio,Internet番組等のMediaでもPick upされるなどして、若手ながら注目度の高さを証明。
CLUB QUATTROや大阪城野外音楽堂といったBig StageでのLiveも経験し、地方Eventや学園祭にも積極的に参加している。
更に自身もRegular Party(“Luff☆Create@鰻谷sunsui”)を毎月Organizeするなど、Aggressive且つTightなStanceで、今尚活動の幅を広げている。
『生きた音楽』をモットーに、Life Styleそのものを作品として捉え、日常で感じる様々な形や色彩、そして喜怒哀楽を自由に表現。
あくまでも等身大のまま紡ぎ出されるLyricsと感情がMessage性を高め、また兼ねてから定評のあったRhyming Skillを併せ持つ事で彼の楽曲Qualityを物語っている。
そんなどこか子供で、時に大人びた彼なりの”Real”がListenerの共鳴を呼び、各方面から着実に評価を集めている。
そしていよいよ、自身待望の作品Releaseに向けて制作を開始。
Real(本物)かただのFake(偽物)か、その判断は今宵のLiveで。

K-Rexx
INTENDED

DANCE(AtoZ):
CHeeeeST
DEBOC
LONG iSLAND iCE TEA
S.J.HighSchool
ZaZaZoo
甘噛

DJ:
AMI
IKB
kathan

FOOD:
HOTDOG

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。