2011年9月20日(火) Sound Assange

Sound Assange

19:30-23:00
1000yen(inc 1drink)

毎月第3火曜日に大阪アメリカ村” nu things JAJOUKA “とUstream上にて行われる、ミュージシャンによる、ミュージシャンの為の音楽制作講座、Sound Asanji(サウンドアサンジ)。
キュレーターを務めるのは、andviceversaことクボマサユキとSugar’s Campaignやソロでも活躍するSeihoの2人。
基本的なビートメイキング方法は勿論、Youtubeには絶対に転がっていない、第一線で活動するクリエイターの生の音作りをアサンジする!

GUEST CURATOR:
Masahiko Takeda
エレクトロニックグループVelveljinのメンバーでライブインスタレーションイベント”Il y a”ではオーガナイザーとしても顔を持つ。
2011年よりソロ名義での活動を開始。透明感のあるグルーヴと、温かみのあるメロディが共存する楽曲は、電子音と生音の新しい関係性を構築し、非常にオーガニックで他の様々なジャンルとの親和性も強い。
ラジオ番組のプロデュースや、イベントオーガナイズなど様々なメディアに活動の拠点を置く。

CURATOR:
Seiho

1987年生。トラックメーカー、DJ、VJ と音楽や映像など媒体の垣根を越え表現をし続けるマルチアーティスト。小学生の時携帯の着メロの作成や家にあったパソコンでDTMに目覚める。その後中学、高校とジャズトロンボーンやギターを演奏する傍ら自宅録音を中心に「心地の良いノイズ」と「ミニマル」をテーマに作品を制作しインターネットを通し定期的に発表してきた。現在は絵画、写真、映像、小説、朗読等、様々な表現を自らの楽曲に取り入れ、ライヴ以外にも映画・舞台のサウンドトラックやギャラリーの空間デザイン等多岐に渡る活動をしている。

And Vice Versa

大阪在住の宅録ミュージシャン、ビートメイカーである久保雅之のソロプロジェクト。 ヒップホップ、エレクトロなど様々なビートをベースに、サイケデリックなシンセ、メランコリックなアコギ、 自身のヴォーカルサンプル等をブレンドした音世界が特徴。2010年7月には米、カリフォルニアのレーベルSomething Americaにて Magical MystakesとのスプリットEPをリリース、 9月にはRefrain Recordsより1stフルアルバム[still beautiful]をリリースしている。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。