2011年10月21日(金) concep:-Little GARDEN-

concep:-Little GARDEN-

18:00-23:00
1500yen(inc 1drink)

LIVE:
Isolate Line

Isolate Line (Parallel Line / Eureka)
大阪拠点として活動する電子音楽家 “Isolate Line a.k.a Hiroyasu Izumori”
相反する音の融合をテーマとし、PCや電子楽器のコンクリクフト・フィールドレコーディング等の偶然性を古典的な作曲法によるメロディと融合させたサウンド。リミックス、楽曲提供など 他のアーティストとのコラボレーション活動も勢力的に展開。
また、ポストロックバンド”Eureka”ではボーカル/プログラミング/ギターを担当。アレンジ・レコーディング等を含む、全てをプロデュース。
最近では、fancy of planet の映像作品に楽曲提供するなど、フィ−ルドを超えたコラボレーションも実現。
http://www.myspace.com/isolateline
http://www.myspace.com/eurekajapan

Akira Imachi

Composer / Producer / Guitarist
ギタリストとして活動を始めるが、しだいに演奏者としての作曲に限界を感じ始
めソロでの制作に移行していく。
現在は音楽を超えたあらゆる要素からの影響を受け制作を続けている。
これまでにDerek Jarman作品の音楽制作等で知られているSimon Fisher Turner、ロシアの若手エレクトロニカユニットModulへのギター素材提供や、Dub TechやDeep Houseよりのプロジェクト「Yabuzch」名義で2作品をリリース。2011年にリリースされた「The Path」はMillions of Moments等からのリリースで人気のOhrwertによるRemixが含まれている。
今回は、エレキギターのノイズ/アンビエント色を全面に出した生演奏とラップトップでアナログ感のある演奏を予定。

м▲ЙIт●Ц
インダストリアル+ポストダブテップの感覚を併せ持つ気鋭のアーティスト。
北欧サタニズムや、B級ホラー映画等の影響を感じさせる終末的な世界観を、音のみでなく衣装やアートワーク、ステージパフォーマンスに至る細部にまで徹底して表現している。
1st ep “†††”をリリースし、その活動の幅をさらに広げている。

Etwas
京都出身の電子音楽家。音楽はもちろん、写真、絵画、詩、映画等、様々な分野に含まれるミニマリズムとアンビエンスに影響を受ける。眼前の光景、または記憶の中の映像を音として再構成することを主眼に制作を続ける。
音楽以外にも、写真、デザイン、詩作等、多方面に作品を発表する。

DJ:
Seiho

1987年生。トラックメーカー、DJ、VJ と音楽や映像など媒体の垣根を越え表現をし続けるマルチアーティスト。小学生の時携帯の着メロの作成や家にあったパソコンでDTMに目覚める。その後中学、高校とジャズトロンボーンやギターを演奏する傍ら自宅録音を中心に「心地の良いノイズ」と「ミニマル」をテーマに作品を制作しインターネットを通し定期的に発表してきた。現在は絵画、写真、映像、小説、朗読等、様々な表現を自らの楽曲に取り入れ、ライヴ以外にも映画・舞台のサウンドトラックやギャラリーの空間デザイン等多岐に渡る活動をしている。

Tommy
ポストクラシカルにも通じる耽美的な音の響きと、グリッチ 等のアグレッシブで、どこか不条理さを感じるリズムの混交で、新しいエレクトロニックミュジックの可能性を感じさせるThe Pain For GirlsのTommyによるDJ。

Yuki Aoe( :concep: )

サウンドアーティストとして活動。
音によりさまざまな表現をメディアに発表。
2008年にFeelback Recordsによる1stコンピに参加。限定600枚のCDを1ヶ月で完売。
また、Roland社主催のコンテストではインストの楽曲では初となる賞を受賞。他にWEB用CM、映像用の楽曲などを制作。国際映画祭in関空でPanasonic賞受賞の際、楽曲が関西国際空港で流れる事になる。
DJ KILLERによるイベント「IMMEDIATE ATTACK」にresidence LIVE Actとして参加している。
concep: 主催。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。