2011年12月10日(日) night cruising OSAKA

night cruising OSAKA

open 17:00
adv 2000yen door 2500yen(each exclude 1drink)

LIVE:
Springintgut (City Centre Offices,Pingipung)

ドイツ、ハンブルグ出身のアンディ・オットーによるソロプロジェクト。
これまでに3枚のアルバムをドイツの名門レーベルCity Centre OfficesやPingipungよりリリース。
アムステルダムの実験スタジオSTEIMのサポートの下、チェロと弓に取り付けたセンサー、そしてソフトウェアによって成り立つ「Fello」を呼ばれるシステムを開発。
これまでに様々なフェスティバルでパフォーマンスを行い、数多くの舞台、映画音楽を手がけてきた。
現在、京都の「ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川」にアーティストレジデンスとして滞在中。
http://www.andiotto.com/
http://www.soundcloud.com/springintgut
http://www.pingipung.de/en

moshimoss (Dynamophone)

1979年山梨県生まれ。音楽家、イラストレーターで、山梨の音楽レーベル Neguse Group 主催。
Kosuke Anamizu 名義で、独 TRAUMmule electronic からリリースした、テックハウス・ミニマルダブなどの作品で知られる。
2008年夏に、念願だったアイスランドに訪れ、そのダイナミックな景観・文化に強い衝撃を受け、
帰国後、Móshimoss名義での活動を開始。2010年には米 dynamophone records より『Hidden Tape No.66』をリリース。
2011年には、L.E.D. feat. 原田郁子の『I’ll 』のRemix EPにリミキサーとして参加。 現在セカンドアルバムを制作中。
http://www.kosukeanamizu.com/

原 摩利彦

1983年生まれ。京都在住。京都大学教育学部卒業。
静寂の中の強さをテーマに音作品に取りかかる。2005年より海外のフェスティバルなどで作品が上演され、複数のアルバムを海外のレーベルより発表。
舞台作品の音楽も担当し、パフォーミング・アートユニット「dots」や舞踊家ボヴェ太郎の作品の音楽を作曲。高谷史郎演出『明るい部屋 -La Chambre Claire』(びわ湖ホール公演)に音響として参加。
海外アーティストの来日公演などのサポートもしている。
また柳本奈都子とユニット「rimacona」を組み、2004年より活動。
2006年より津田睦美展『FEU NOS PERES – ニューカレドニアの日系人』に関連して、ニューカレドニアと日本各地でコンサートを行なう。2009年春に、イタリア、フランスでライブ。
2010年春にはドイツMille Plateaux『Clicks & Cuts 5.0』に参加し、 秋には初のオリジナルフルアルバムとなる『黄昏とピアノ』(Parade)をリリースした。
リズムに重点を置いた最新作『Credo』をHome Normalよりリリース。

polarM

ギターサウンドを中心に展開されるサウンドスケープ。
繊細ながらも強い情感を持って鳴らされるそのサウンドは、深く静かに、時に反復し、時にいびつにその形を変えていく。
ソロやユニットでのライブの他、ダンスとの共演、ショートムービーや映像作品への楽曲提供等々、
京都を中心に活動を展開中。2010年10月に発売された、rimacona初のオリジナルフルアルバム「黄昏とピアノ」にギターで参加。
今年、待望のファーストアルバム「northern birds」がレーベル「NKR(Nomadic Kids Republic)」よりリリース。
polarM「northern birds」 – Nomadic Kids Republic
http://nomadickids.com/releases/#rel-176

DJ:
tsukasa

Toll Sano aka RIPe

RAIJIN
Tatsuya

VJ:
kezzardrix(bias records)

関西在住のプログラマ/VJ/サウンドアーティスト。 自作ソフトウェアを駆使したインタラクティブな映像と音楽,モバイルデバイスを用いたパフォーマンス等を京都や神戸を中心に行う。VJとしては,関西のクラブを中心に活動しながら,Zettai-mu Springup2011やtaico club等の大規模フェスにも出演.また,電子音楽パフォーマンスユニットplan+eの映像班に所属. 加えて,様々な作家の舞台やインスタレーション等におけるインタラクティブな仕掛けのサポートプログラマとしても活動している。 baca-jaネットワークアート部門優秀賞受賞(2010)、学生CGコンテスト優秀賞受賞(2010)。

night cruising(ナイトクルージング)は、2006年から京都を中心に様々な会場で不定期に開催されているエレクトロニカイベント。
開催場所はコンセプト/出演アーティストによって意図的に変動させている。
数々の国内外アーティストやレーベルとの交流に加え、地元京都を中心に活動している若手新鋭アーティストとの共演など、新たなコラボレーションをこれまでのイベントにおいて実現させてきた。

プロデューサー/音楽評論家の阿木譲氏が大阪心斎橋 アメリカ村に新たに立ち上げ、関西に新たな音楽シーンを発信しているクラブ型ライヴハウス ”nu things JAJOUKA”で三度目の開催となる「night cruising OSAKA」は、9月に1stアルバム「northern birds」をレーベルNKR(Nomadic Kids Republic)よりリリースしたpolarMのリリースライブ大阪編としてゲストに、ドイツのハンブルグ出身、オーディオソフトとチェロを結びつけた新しい楽器「Fello」を自身で開発/演奏し、名門City Centre Officesをはじめ、多くの作品をリリースする電子音楽家 SpringintgutことAndi Otto、アメリカの名門レーベルDynamophoneからのアルバムリリースや、L.E.D. feat. 原田郁子の『I’ll 』のRemix EPにリミキサーとして参加するなど現在大きな注目を集めている山梨の気鋭アーティストmoshimossを迎えます。
またソロやユニット、リミックスなど数々の作品を発表、polarMのアルバムにも参加している盟友 原 摩利彦も京都編に続いて参加。
イベントラッシュに沸いたnight cruisingの2011年を締めくくります。

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。