2012年1月23日(月) Decoder

Decoder

open 19:30/start 20:00
1000yen(inc 1drink)

1987年にMuscha(ムシャ)監督によりビート文学の代表的な作家ウィリアム・バロウズの諸作品を基に西ドイツで制作される。

この映画が今もなお評価されるのは未来世界を舞台に、管理された社会を混乱に陥れようとする男と管理する側の男との戦いを描くというシナリオ、青年がノイズをサンプリングしていくのと対応するかのように、過去の映画、ニュースフィルム、監視カメラの映像など様々な映像が取り込まれてゆく時代の先端を行く映像は勿論、主演にF・M・アインハイト(ノイバウテン)、主題歌はソフト・セル、音楽にデイヴ・ボール(ソフト・セル)、ジェネシス・P・オリッジ(スロッビング・グリッスル、サイキックTV)、マット・ジョンソン(The The)、が担当し、そしてウィリアム・バロウズ本人も出演しているところが大きいだろう。

現在ビデオが廃盤となり、DVDは国内では入手困難な作品の上映となります(英語字幕)!

Decoder – FM Einheit and Genesis P-Orridge

Decoder – William S. Burroughs and Christiane F.

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。