2012年3月17日(土) Sounds of Silence


open 18:30/start 19:00
2000yen(inc 1drink)

LIVE:
hakobune

1986年4月生まれ、兵庫県加東郡出身。
パワーバイオレンスバンドを経て、2007年よりhakobune名義で活動を開始。これまでに18作のフルアルバムを各国のレーベルから発表している。2011年3月には北米ツアーを敢行。
2012年にはSunshine Ltd.、Fadeaway Tapes、Sacred Phrases、Install、Nomadic Kids Republic、Tokyo Droning、Goldtimers Tapes、Dark Era Tapes、Abgurd、Chemical Tapes、Tobira Recordsからテープ、ヴァイナル、CDのリリースを控えている。Tobira Recordsを主宰。

hitoshires

京都を拠点に活動する電子音楽家。繊細で静謐なサウンドの中に垣間見える強度で新たなサウンドスケープをうみ出す。

松本智仁

アコースティックギターの中に小型スピーカーを入れ、70年代のテープレコーダーからフィールドレコーディングされた音源を鳴らし、オブスキュアなサウンドをつくり出す。
音響作品の発表だけではなく、ドローイング、house DJとしても活動する等、多彩な表現で活動する。

wa-no

1979年生まれ。大阪在住。男。現在は主に、ループペダルを使用したエレアコとエフェクターによる即興演奏でLIVEし、常に実験的な試みと、DANCE MUSICから知り得たリズムの魔法の自分なりの解釈と、旋律が生む情緒的な表現の融合を計っている。たまに歌ってしまう。Shinichi Kogeichi氏主催によるGISHIKI KLANGEに在籍、リリースを予定する。オフィシャルサイトにて、LIVE RECORDINGのFREE DOWNLOAD ALBUM、”THE MONKYwhich STARESat THE WORLD OPENING”、”SMOOTH OPENING”を発表。映像の専門学校時代に絵を描き始め、cafe、ギャラリー、select shop等で個展を数回開く。洋服屋さんや雑貨店等にて、ポストカードや複写された絵が販売されたりもしていた。その時とほぼ同時期、仲間内のPARTYでDJをはじめる。ネオアコ→オルタナ→ミクスチャー→牧歌系→ジャズ・ハウス・生音・トライバル→音響→NEW MUSIC(現代音楽?)→Techno Music等(おおまか)に傾倒して、現在にいたる。

Visual Image Operator:
イケグチタカヨシ(haconiwa)

2004年よりVJとしての活動をはじめる。
VJとしてあらゆるジャンルのイベントに出演する傍ら、ファッションショーや舞台、展示、ショップの店頭映像なども手がける。
(過去の共演アーティスト)
rei harakami, momus, dave angel, suburban knight, sin bad, ken ishii, de de mouse, daishi dance, dj kyoko, 沖野 好洋, mcat, 掟 ポルシェ, 田中 知之(fpm), 夏目 ナナ

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。