2012年4月21日(土) KOPELNIX


start 18:30/start 19:00
adv 1500yen/door 2000yen(each exclude 1drink)
特設サイト: http://kazuhisa.sakura.ne.jp/blog/?p=999

LIVE:
Julie Rousse(from France)

電子音響の本場フランスから、リュック・フェラーリにも通ずる魔術的ノイズを鳴らす!

te_ri(from Tokyo)

村上巨樹(g),片山貴志(dr)。
コンピュータの作曲ソフトのバグを内包した作曲法を用いるデュオバンド。
アンプ直結のテレキャスターと豪腕ドラムが織り成すのは、軽やかな脱臼の連続。
2011年4月、ヨーロッパツアーを行う。

ジジのほっぺたろまん

自身のリーダーバンド「じじのほっぺた楽団」、そしてドラムソロ、はたまた自転車をパーカッションに見立てたライブ等、関西を中心に活動する奇才!

六階

are
奥村礼央_laptop,guitar
河村泰志_guitar
田中裕梨_bass
kaoru_VJ

2010年夏の熱気とともに産声をあげる。気付けばここは大阪か。わたしの中の悪夢や白昼夢の涙、思春期の中に横たわる絶望や君が輝かせた水たまりの波紋や記憶、空想のもやを音楽という形にし、それらを演奏する。言葉は今のところ置いておこう。
ジャンルは聞いたものが決めればいいが、その狭い囲いに押しやるのはやめてもらおうか。私たちはひとりではない。4人の人間とその感性から成る、インストゥルセンチメンタルバンドである。

madegg

1992年7月30日生まれ、高知出身、京都在住のKazumichi Komatsuによるソロ・プロジェクト。
16歳よりコンピューターを使った楽曲制作を開始、2011年よりbandcampにて発表された複数の自主制作EPが、アメリカ西海岸のExperimental Hip Hopとゆるく共振しつつも、淡くメランコリックな独特の世界観で、ネット上での注目を徐々に集める。
その後ネットレーベルからのEPリリースなど活動を広げ、昨年秋に行われたBrainfeeder2にBrainfeederクルーの前座として参加。Teebs、TOKiMONSTAなどとの共演を果たす。
Dubstep、Chillout、House、Beat、Drone、Noiseなどを自由に横断・消化したサウンド、幼い頃の記憶を呼び起こすようなメロディー、輝くサイケデリアの中に深く沈み込むようなビートは強烈な存在感を放っている。
2012年flauと契約、待望のデビューアルバムを今春リリース予定。

Arms Mo Enium

2010年より活動開始。
大阪市在住、大阪芸術大学音楽学科音楽工学コース卒業、サウンド/ビジュアルアーティスト岸本和寿のソロユニット。
今後は音楽に留まらず、インスタレーション的な展開も予定しており、国際的な活動展開も視野に入れている。
現在は関西を中心に、映像や自作デバイスを取り入れたパフォーマンスを行っている。

Visual:

2004年よりVJとしての活動をはじめる。
VJとしてあらゆるジャンルのイベントに出演する傍ら、ファッションショーや舞台、展示、ショップの店頭映像なども手がける。
(過去の共演アーティスト)
rei harakami, momus, Mark Fell , dave angel, suburban knight, sin bad, ken ishii, de de mouse, daishi dance, dj kyoko, 沖野 好洋, mcat, 掟 ポルシェ, 田中 知之(fpm), 夏目 ナナ

BGM:
2o2

1982生まれの西明石在住ラップスチールギタリスト。
ループ等のエフェクタを使い、アンビエント、フォークトロニカ、ドローン、実験音楽、ジャンクが融合した美しくオブスキュアなサウンドスケープをうみ出す。

Produce:
k.kazuhisa

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。