2012年5月13日(日) BEATCONDUCTOR


open 17:30/start 18:00
2000yen(inc 1drink)

LIVE:
Kick.S

2010年、今まで手を出さなかったリズムマシンを手にした瞬間に何かが変わりました。
その日以降はただひたすら曲を制作する日々を送ります。

TREMORELA

(トレモレラ)
日々変容するエレクトリックミュージックの大海原を比較的身勝手に突き進む、田中友直によるソロプロジェクト。
90年代の様々なダンスミュージックムーブメントに影響を受け、2000年に活動を開始。自身のレーベル[gouache (ガッシュ)]よりアナログ12インチEP2作を発表。ラウンジブレイクビーツ、ブラジリアン寄りの作風は海外レーベルを含むいくつものコンピレーションアルバムに収録される。
その後、様々な音楽活動を経て、2010年よりTREMORELAとしての活動を再開。現在、エンジニアとしての活動と並行して、自身の興味の赴くまま、様々なスタイルのダンストラック、サンプリングミュージック、電子音楽作品をデジタルリリースやリミックスワークを中心にアウトプット中。

yusaku harada
ラジオがきっかけで、音楽にのめり込み、レコーディングスタジオへ学びにいく。
エンジニアとして、関西の若手バンドから信頼を受け、スタジオの繋がりで半野喜弘氏のレコーディング、マスタリング等に参加。
現在もフクダスタジオでスタッフとして働き、エンジニアの経験で得た幅広い音楽性と分析力によって、本当の意味で自由に好き勝手に音楽を製作中。
「やりたいことだけをする」というエゴを信じて活動中。

kowaoto

けいおん!を観て平沢先輩のロック魂に感銘を受けるもギターもピアノも弾けないので途方に暮れていたところKORG DS-10に出会いトラックメイクを開始。四十の手習いとか年寄りの冷や水を体現中。
言語化される以前の感情や思想を音で表せればいいなあと思いながら今日もBPMを200にセットする明日無き中年。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。