2012年6月29日(金) music non stop, technopop

19:00-23:00
2000yen(inc 1drink)

LIVE:
穴 ana

2011年結成、サリとマリによる二人組現代音楽ユニット。
現代音楽をコンセプトに電子音楽、テクノポップ・サウンドで唄い、電子楽器をモチーフにしたコントも演じるなど、幅広いアプローチで活動を行っている。
現在、トークシアター紅鶴で毎月最終水曜日に行われている、現代音楽をよりカジュアルに楽しめるトーク・イベント『これまでの音楽とこれからの音楽』で、トーク・アシスタントも務めている。

TREMORELA

(トレモレラ)
日々変容するエレクトリックミュージックの大海原を比較的身勝手に突き進む、田中友直によるソロプロジェクト。
90年代の様々なダンスミュージックムーブメントに影響を受け、2000年に活動を開始。自身のレーベル[gouache (ガッシュ)]よりアナログ12インチEP2作を発表。ラウンジブレイクビーツ、ブラジリアン寄りの作風は海外レーベルを含むいくつものコンピレーションアルバムに収録される。
その後、様々な音楽活動を経て、2010年よりTREMORELAとしての活動を再開。現在、エンジニアとしての活動と並行して、自身の興味の赴くまま、様々なスタイルのダンストラック、サンプリングミュージック、電子音楽作品をデジタルリリースやリミックスワークを中心にアウトプット中。

DJ:

サウンド・アーティスト、音楽家。現存する数少ないテクノドン“A.C.E.(エーシーイー)”のメンバー。
神戸北野の音楽スタジオ“ministudio”で毎月最終日曜日にテクノミュージック・ファンの為のお茶会『神戸テクミー(テクノポップ・ミーティング)』を主宰。
音楽雑誌への寄稿や音楽学校でも教鞭を取るなど、音に関する幅広い活動を行っている。

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。