2013年1月25、26日(金、土) Chaos Theory

プリント

25 (fri) 19:00-22:00 2000yen(inc 1drink)
LIVE:
Isolate Line

Isolate Line (Parallel Line / Eureka)
大阪拠点として活動する電子音楽家 “Isolate Line a.k.a Hiroyasu Izumori”
相反する音の融合をテーマとし、PCや電子楽器のコンクリクフト・フィールドレコーディング等の偶然性を古典的な作曲法によるメロディと融合させたサウンド。リミックス、楽曲提供など 他のアーティストとのコラボレーション活動も勢力的に展開。
また、ポストロックバンド”Eureka”ではボーカル/プログラミング/ギターを担当。アレンジ・レコーディング等を含む、全てをプロデュース。
最近では、fancy of planet の映像作品に楽曲提供するなど、フィ−ルドを超えたコラボレーションも実現。
http://www.myspace.com/isolateline
http://www.myspace.com/eurekajapan

ネオジオ.シンプル
リズムボックスとギターとベース。時々シンセ。
シンプルな構成。神は細部に宿る。

Installation:
森山雅夫

26 (sat) 18:30-23:00 2000yen(inc 1drink)
LIVE:
Kezzardrix

関西在住のアーティスト。自作ソフトウェアを駆使したインタラクティブな映像と音楽、モバイルデバイスを用いたパフォーマンス等を京都、大阪を中心に行う。VJとしては、関西のクラブを中心に活動しながら、Zettai-mu Springup2011やtaico club、REPUBLIC等の大規模フェスや、八王子で行われたプロジェクションマッピングイベント「Projected Scape」等にも出演。出演アーティスト毎に新規でソフトウェアを開発するスタイルで、国内外問わず様々なアーティストのVJを担当。2012年からオーディオビジュアルユニット「SjQ++」の映像メンバーとしての活動をスタート。また、現代美術やメディアアートの作家の舞台やインスタレーション、広告企業のデジタルサイネージ、キャンペーン、iOSアプリ、webサイト等におけるインタラクティブな仕掛けのサポートプログラマとして多岐に渡る活動をしている。MV制作も手がけ、DUB-RussellやGo-qualia、Perfume golbal site project等での作品が話題を呼んだ。自身のインタラクティブ作品は文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品や学生CGコンテスト優秀賞、ADAA等に入選している。

Yuki Aoe

Sound Creator / Live Player
音によるさまざまな表現をメディアに発表
Roland 社主催のコンテストではインストゥルメントの楽曲としては初の賞を受賞 関西国際空港で自身の楽曲が流れる事になる 2003 年にエレクトロニクス作品として「SOUNDS FROM JAPAN」をロンドン市内限定で販売 レーベルのコンピレーションアルバムにも楽曲を提供しながら現在はライヴをメインに活動している イヴェント -:concep:- 主催

kazuto yokokura

大阪在住のエレクトロニクス・ミュージシャン
空間構築・イメージ喚起・その他が可能な電子音楽~電子音響作品を志向している
基本的にアンビエント寄りのサウンドである

takanori

1990年生まれで、大阪在住。
2012年4月からPCで曲を作り始める。
ポストロック、エレクトロニカ等に影響を受けた楽曲を制作しながらも、どう自分のフィルターを通し表現するか模索している。

takecha
takecha_mono
ディープハウスを基軸に電子音楽全般を愛してます
個人でレコード(音楽配信とアナログ盤)を創ってます
劇団ニューウェーブで音作りしてます

Installation: 森山雅夫

「人間は、たとえ物理現象を完全に解明したとしても、初期値を完全に観測できないので、決して未来を予測できない」という結論で大きな衝撃を与えた「カオス理論」。
ラップトップでプログラムされた音楽や演奏でも、条件や状況が変わればすべてが同じように再生されることはない。
この2つが不思議と符合するではないか。

カオス理論 参考url: http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/kaosu.html

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。