2013年3月22日(金) ESION – NOISE IS NOT NOISE –

032213_esion
open 19:00 / start 19:30
adv 2000yen / door 2500yen(each inc 1drink)

LIVE:
Karl 2000 (from USA)
karl2000
Karl 2000 は、ジャズ、アバンギャルド、ロック、ロシアのフォークミュージックなど、音楽ジャンルの
境界線を超える演奏を可能にするサックストリオです。
(“Karl 2000 は、Albert Ayler のスピリットで伝統的なロシアのフォークミュージックを奏で、The Bad Plus のような遊び心が溢れた作曲センス、ソロピアノ作品をサックス,ベース、ドラムパートへとアレンジ し、そして David Cassidy のカバー’I think I love you’などの特徴を組合わせた音楽をお届けします。Karl 2000 は、Alexandrov Ensemble に多大な影響を受け,合唱音学をパワートリオフォーマットにて表現。メ ンバーは Daniel Rovin(Ts), AusMn White (B),そして Dave Miller (Ds)。ハードなフリースウィングジャズを大衆 への激情と併せて演奏します。”
‐Karl より)

Dave Miller
ニューヨーク在住のドラマー、作曲家、そして音楽教師。ペットボトル人間(吉田 野乃 子, デイビッド
スキャンロン)の一員として CD リリースおよびツアーを日米で成功させる。その他にも、 ワード
ゲームズ、マーティン
ビジ、マット
ラヴェル、ダニエル
カーター, ラス
モシェ、ジュゼッピ
 ローガン、チャック
ベティス、ロブ
ドゥゲイ、松本健一、ノア
プレミンジャー, ブライズ
シィウラ、田 村夏樹、大寺航、トム
ズラビンガー等と共演を果たす。また、札幌シティージャズ(日本)、ウメア フェスティバル(スウェーデン)、およびニューヨークのヴィジョンフェスティバル等のインターナ ショナルジャズフェスティバルでの演奏経験を持つ。スペースワンプロジェクト、プロジェクト Fukushima 等の日本の即興音楽シーンだけでなく、ジョン
ゾーンが運営するストーン(ニューヨーク) でのイベントであるインプロナイトへも幾度も参加し活躍する。

Daniel Rovin
ニューヨーク出身。サウスカロライナ州のグリーンビルで育つが、サックス奏者とし てのキャリアを積むために、ニューヨークへと戻ることを決心。本作がダニエルの共同バンドリーダー としての初作品となるが、テイラー
アイグスティー、エリック
ハーランド, オリバー
レイク、ジョナサ ン
ブレイク、ドニー
マッカスリン, ロブ

ドゥゲイ、そしてミンガスビッグバンド等の錚々たるアー ティストと共演した経歴を持つ。

AusMn White
サウスカロライナ州グリーンビル出身。そして音楽でのキャリアを追い求める ため,ニューヨークへ移住。Karl 2000 はオースティンにとって初めてのレコーディング作品となるが、 ダニエルと同様に、様々な音楽家との演奏経験を過去に持つ。また、偉大な音楽家
レジー
ワークマンの 元で学び、その伝統的なアップライトベースの演奏技術を受け継ぐ。

長野雅貴

2005年より活動するN.O.Nのギター担当。即興を通じ、音と演奏の間にある閉塞した関係を取り壊しにかかる。結節点!i主催。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。