2013年3月30日(土) Minimal Fluid

033013_mf2
open 18:00 / start 18:30
2000yen(inc 1drink)

LIVE:
Route09

京都府出身の作曲家 演奏家 サウンド・エンジニアである Yuki Ohtsuka のソロ名義
2007 年より電子音楽 とりわけアクースマティックの作曲及び立体音響システム「アクースモニウム」の演奏活動を開始しヨーロッパを中心に海 外でも作品が上演されている 本名義ではテクノ エレクトロニカ アンビエント ノイズ 即興演奏などの活動を展開
昨年は Il y a Records 主宰のコンピレーション・アルバムに参加 今年はカナダの URS Records の Viva Tape Series より ウクライナ人ノイズ・アーティスト Dao De Noize とのスプリット・テープをリリース
またプライヴェート・スタジオ「Push it! Studio」を自宅に構築 楽曲提供のみならずレコーディングやマスタリングのエンジニア、コンサートの音響マネジメント、機材コンサルタントも手掛けている

junya tokuda( LINE )
tokuda_mono
大阪在住のアーチスト。別名儀 tkd としてもライブ、dj活動を行う。
2009年よりユニットSlowformに参加。 電子音楽イベント「Line」を大阪市内にて不定期に主催するなど、イヴェント・オーガナイザーとしての回も持つ。
High-Techでありながらあたたかみのあるサウンドは我々の琴線に降れ、ヒューマニスティックな彼の人間性が描かれている。
ポストロックとしての、スロウモーション・テクノからウィッチまで、新しい時代のエレクトロニカを表現する。

TREMORELA

(トレモレラ)
日々変容するエレクトリックミュージックの大海原を比較的身勝手に突き進む、田中友直によるソロプロジェクト。
90年代の様々なダンスミュージックムーブメントに影響を受け、2000年に活動を開始。自身のレーベル[gouache (ガッシュ)]よりアナログ12インチEP2作を発表。ラウンジブレイクビーツ、ブラジリアン寄りの作風は海外レーベルを含むいくつものコンピレーションアルバムに収録される。
その後、様々な音楽活動を経て、2010年よりTREMORELAとしての活動を再開。現在、エンジニアとしての活動と並行して、自身の興味の赴くまま、様々なスタイルのダンストラック、サンプリングミュージック、電子音楽作品をデジタルリリースやリミックスワークを中心にアウトプット中。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。