2013年4月20日(土) TOWA

042013_towa
18:00-23:00
2000yen(inc 1drink)

LIVE:
Pineart

Akamatsu によるソロユニット。メランコリックでありながら、不穏なコード感は現代的にアップデートされたプログレッシヴロックと言えよう。

hideo nakasako

FUNK&SOUL MUSIC を愛するトラックメーカー / ベーシスト / フォトグラファー
色々なバンドでベースを弾く一方 2010 年頃からバンドとは違う [ 一人で作り上げる世界 ] に惹かれラップトップ シンセ サンプラーなどを使い Techno House HipHop Ambient など様々な要素を持った電子音楽を作り始める

TREMORELA

(トレモレラ)
日々変容するエレクトリックミュージックの大海原を比較的身勝手に突き進む、田中友直によるソロプロジェクト。
90年代の様々なダンスミュージックムーブメントに影響を受け、2000年に活動を開始。自身のレーベル[gouache (ガッシュ)]よりアナログ12インチEP2作を発表。ラウンジブレイクビーツ、ブラジリアン寄りの作風は海外レーベルを含むいくつものコンピレーションアルバムに収録される。
その後、様々な音楽活動を経て、2010年よりTREMORELAとしての活動を再開。現在、エンジニアとしての活動と並行して、自身の興味の赴くまま、様々なスタイルのダンストラック、サンプリングミュージック、電子音楽作品をデジタルリリースやリミックスワークを中心にアウトプット中。

Fumiaki Nagasawa

大阪在住のトラックメーカ
グリッチポストグリッチ的 硬質なサウンドとブレイクビーツ、LA ビート系の変則的なビートを融合させる

the Buddhas
buddhas_mono
TAIとDAIの2人からなるthe Buddhas(ブッダス)。
BPM160前後のハードテクノを軸にフロアを踊り狂わせることがコンセプト。
DJとは違い全てがオリジナル音源。
バンドとは違い全てが打ち込み。
ソフトではなく、ハードマシンを使用することで全ての音に神経が通う。
ライブの中でリアルタイムに変化する曲。エフェクト。
ハイブリッドなスタイルで活動中。

We only use hardware for our sound quality,
because that brings really good energy.
Thank you for listening.

-Tools-
KORG ELECTRIBE MX/SX.
Roland SP-404/mc-909.
AKAI MINIAK.
Jomox MBase01.
and more.

DJ:
マツイタカシ

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。