2013年5月17日(金) NIKOLAI KOPELNIX Presents ANDRON 01

andron01_web
20:00-23:00
1500yen(inc 1drink)

LIVE:
And Vice Versa
and-vice-versa
大阪在住の宅録ミュージシャン、ビートメイカーであるクボマサユキのソロプロジェクト。
oldschool hiphop、house、garage、indie rockなど様々なジャンルを横断しつつも、メランコリックなコードワークやヴォーカルサンプルをブレンドした音世界が特徴。
2010年7月には米、カリフォルニアのレーベルSomething Americaにて Magical MistakesとのスプリットEPをリリース、同年9月にはRefrain Recordsより1stフルアルバム[still beautiful]をリリースしている。
2012年4月に、Seiho主宰の「Day Tripper Records」より、アルバム「E.Tender」をリリースし、「Sense Of Wonder 2011」、「Saturn」、「Sonar Sound Tokyo 2013」など大型イベントにも出演している。
https://soundcloud.com/avva
http://innitmusic.com

Taiki Masai(Existence is Resistance/Berlin Aufnahmen)
masai
Minimalist
2012年、Drum&Bass Album “UNBROKEN” をリリース。 以降、制作及びLIVEをミニマルテクノにシフトし、Persian率いるUK レーベル Existence is Resistance からミニマル、インダストリアル等 の尖端音楽へと傾倒した作品を発表する。 2013年、同コンセプトを定義とする “less is more” を阿波座nu things にて立ち上げる。

Arms
arms
プロデューサー/アートディレクターKISIMOTO KAZUHISAのプレイグラウンドな音楽プロジェクトの一つ。
2013年にレーベルENIUMICを立ち上げ、同年1月に1st album “6M” CD(eniumic001)をリリース。
“ロックマガジン”や”EGO”などで知られる音楽評論家の阿木譲氏から「絶望的なまでに美しい夜のサウンドトラック」と評され、限定された流通状況にもかかわらず、手に取った一部の音楽ファンから高い評価を得ている。
また、大阪阿波座のクラブ/アートスペースnu thingsを拠点に、音楽とアートのイベント”KOPELNIX”を開催。
音楽に留まらず、写真、映像、デザインなど、幅広い媒体表現により、独自の世界を構築しようとしている。

VISUAL:
Paravora

ハシモトシンゴ(paravora)
大阪を拠点とし、映像の発信=受信する事を目的に2004年より活動を開始。
枠内の表現だけに捕らわれない空間演出を提案する傍ら、
自治会の上映会から子供向けのワークショップなど幅広く活動する
主な作品、活動としては
2007年、OOIOO/OOHOHOO-OOIOO MUSIC VIDEOS’99~’07のEYE(BOREDOMS)MIXでのCG制作。
2009年、劇団子供鉅人公演「IN THE BLACK」の映像演出。
2010年、柴田剛監督作品 映画「堀川中立売」のCG制作。
2011年には、大阪の寺田町にて地域で興すフェス「ateler teradacho fes 2011」の主催。
大阪、西本町Wag Art Cubeで行われた「OVERDUE exhibition」映像展示など、積極的に活動を広げる。
2012年、維新派「夕顔のはなしろきゆふぐれ」の宣伝映像を制作。イケグチタカヨシと共にnu thingsにて[ translation ]を主宰し、映像と音の新たな可能性を探る。

EXHIBITION:
KISIMOTO KAZUHISA

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。