2013年6月22日(土) Minimal Fluid

プリント
17:00-23:00
2000yen(inc 1drink先着30名様にWhereabouts Recordsのレーベルサンプラーをプレゼント)

LIVE:
Yui Onodera
onodera
音楽家/建築音響デザイナー。
音楽と建築を学んだ後、CRITICAL PARHを主宰して「空間/環境から捉えた音の機能と関係性」をコンセプトに音と音がつくりだす空間を含めたサウンド/スペース・デザインを手掛ける。
suisei (and/OAR)、SYNERGETICS(DRONE RECORDS)など国内外のレーベルよりソロ・アルバムを発表し、イギリス『Wire』誌やドイツ『DE:BUG』誌、国営公共放送局のオーストラリア『ABC』やイタリア『RAI』など海外メディアを通じて広く紹介され国際的な評価を受ける。
ポルトガルのThe Beautiful Schizophonic、アメリカのCelerとのコラボレーション・アルバムや、Pleq/Good Night Two (PROGRESSIVE FOrM)、Geskia!/323 Sayonara Memories (Home Normal)など国内外のコンピレーションやリミックス・アルバムにも数多く参加。
これまでにBrandt Brauer Frick、Machinefabriek、Yves De Meyの来日公演や、NTT InterCommunication Center、HOTEL CLASKA、岩手県立美術館、川越市立美術館、Apple Store銀座など多様なシーンでのライブ・パフォーマンスを展開している。
その他、コンテンポラリー・ダンスや舞踏の為の作曲、映像作品への楽曲提供などその活動は多岐に渡る。
アート・グループ”+LUS”を組織してトーキョーワンダーサイト本郷で開催された「EXPERIMENTAL SOUND, ART & PERFORMANCE FESTIVAL 2009」に入選。
サウンド・インスタレーション作品「flex acoustics」を発表し高い評価を得る。

Yuki Aoe

Sound Creator / Live Player
音によるさまざまな表現をメディアに発表
Roland 社主催のコンテストではインストゥルメントの楽曲としては初の賞を受賞
関西国際空港で自身の楽曲が流れる事になる
2003 年にエレクトロニクス作品として「SOUNDS FROM JAPAN」をロンドン市内限定で販売
レーベルのコンピレーションアルバムにも楽曲を提供しながら現在はライヴをメインに活動している
イヴェント -:concep:- 主催

TAIKI MASAI (Existence is Resistance/Berlin Aufnahmen)
masai
Minimalist
2012年、Drum&Bass Album “UNBROKEN” をリリース。
以降、制作及びLIVEをミニマルテクノにシフトし、Persian率いるUK レーベル Existence is Resistance からミニマル、インダストリアル等 の尖端音楽へと傾倒した作品を発表する。
2013年、同コンセプトを定義とする “less is more” を阿波座nu things にて立ち上げる。

NASAA

音素材を大胆に加工編集/再構築し IDM からブレイクビーツ 尖端でのグリッチまでを横断したスタイルの音響作品を発表し注目を集め始めている
常に新しい方法論を提示する実験性の高いライブには定評がある

junya tokuda( LINE )
junyatokuda
大阪在住のアーティスト. 電子音楽イベント『Line』を不定期に主催、大阪を拠点にエレクトロニカ~テクノを中心に様々なアーティストとイベント、ライブ活動を行う.
2011年、スタジオワープのディレクションによるremodel projectのコンピレーション 『a sign – paris ozaka kyoto -』 に参加.
電子音楽でありながらオーガニックな空気感と浮遊感をもった楽曲が特徴.
ポストロックとしての、スロウモーション・テクノからウィッチまで、新しい時代のエレクトロニカを表現する.

kazuto yokokura

大阪在住のエレクトロニクス・ミュージシャン
空間構築・イメージ喚起・その他が可能な電子音楽~電子音響作品を志向している
基本的にアンビエント寄りのサウンドである

Isolate Line (Parallel Line)
KC4A0060
奈良県出身、大阪を拠点に活動する電子音楽家。
2004年より、ソロアーティス”Isolate Line”として活動開始。
相反するエレメントの融合をテーマとし、ラップトップ・電子楽器のコンクリクフト、ノイズ、フィールドレコーディング等の偶然性を生演奏・プログラミングと融合・再構築したサウンドを展開。
IDM・アンビエント・ノイズ・ミニマル・エレクトロニカを横断したスタイルと激しいライブパーフォーマンスに定評がある。
https://twitter.com/IsolateLine
https://soundcloud.com/isolate-line
contact: parallelline9699@gmail.com

VISUAL:
Paravora

ハシモトシンゴ(paravora)
大阪を拠点とし、映像の発信=受信する事を目的に2004年より活動を開始。
枠内の表現だけに捕らわれない空間演出を提案する傍ら、
自治会の上映会から子供向けのワークショップなど幅広く活動する
主な作品、活動としては
2007年、OOIOO/OOHOHOO-OOIOO MUSIC VIDEOS’99~’07のEYE(BOREDOMS)MIXでのCG制作。
2009年、劇団子供鉅人公演「IN THE BLACK」の映像演出。
2010年、柴田剛監督作品 映画「堀川中立売」のCG制作。
2011年には、大阪の寺田町にて地域で興すフェス「ateler teradacho fes 2011」の主催。
大阪、西本町Wag Art Cubeで行われた「OVERDUE exhibition」映像展示など、積極的に活動を広げる。
2012年、維新派「夕顔のはなしろきゆふぐれ」の宣伝映像を制作。イケグチタカヨシと共にnu thingsにて[ translation ]を主宰し、映像と音の新たな可能性を探る。

Naoto Bando

人とテクノロジーとの関係性を模索。
浜崎健氏の霧島アートの森でのパフォーマンス”Red Tea Ceremony -YOU ARE GOD-“のインタラクションを作成。
2012年、グラフィックデザイナーの今村航とクリエイティブユニット、IBを結成。
「感性とテクノロジー」をキーワードに、自由な制作活動を展開予定。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。