2013年7月29-8月2日(月-金) Galileo Galilei

072913_galileo_flyer_omote
19:00-23:00
1000yen(no drink)

“E pur si muove”(それでも地球は動く)ー
過去の些細な〝つぶやき〟が世界の今に至るまで拡散している。
本当にその〝つぶやき〟があったのか今となっては事実確認も出来ず、いわば伝説と化した半信半疑のツイートである。
もしかしたら、そのような限りなく薄弱透明なものの集積で世界は成り立っているのではないだろうか。
更にいえば、理の真偽も交錯した小さな断片の集積が作り出す世界を生きているのではないのか。

当エキシビションにおけるインスタレーションは、
「複数の解体されたスピーカー上に設置された銀半球から直接聴き取れる微小な物音が響き合い、
プロジェクションされた映像未満の反射光が周囲を照らし淡々と回り続けていく」というもの。
そこに示されるのは、この瞬間の要約であり、大きな物語が紡ぐその先ではない実存に谺(こだま)した未来像である。
text: NASAA

開催期間中はremodel参加アーチストによるミュージックコンクレート作品によるライブを行います。
ご来場者にはライブを録音したものを阿木譲氏デザインのジャケット(下記画像)入れてプレゼント致します。
その日しか入手できない音源となっていますので、是非欠かさずお越し下さい。
gg

7/29 (mon)
Yuki Aoe / NASAA

7/30 (tue)
Isolate Line / kazuto yokokura

7/31 (wed)
AGI Yuzuru / Nasaa / kazuto yokokura

8/1 (thu)
AGI Yuzuru / Yuki Aoe

8/2 (fri)
AGI Yuzuru / Yuki Aoe / kazuto yokokura

ACT:
Yuki Aoe

Sound Creator / Live Player
音によるさまざまな表現をメディアに発表
Roland 社主催のコンテストではインストゥルメントの楽曲としては初の賞を受賞
関西国際空港で自身の楽曲が流れる事になる
2003 年にエレクトロニクス作品として「SOUNDS FROM JAPAN」をロンドン市内限定で販売
レーベルのコンピレーションアルバムにも楽曲を提供しながら現在はライヴをメインに活動している
イヴェント -:concep:- 主催

NASAA

音素材を大胆に加工編集/再構築し IDM からブレイクビーツ 尖端でのグリッチまでを横断したスタイルの音響作品を発表し注目を集め始めている
常に新しい方法論を提示する実験性の高いライブには定評がある

Isolate Line (Parallel Line)
KC4A0060
奈良県出身、大阪を拠点に活動する電子音楽家。
2004年より、ソロアーティスト”Isolate Line”として活動開始。
相反するエレメントの融合をテーマとし、ラップトップ・電子楽器のコンクリクフト、ノイズ、フィールドレコーディング等の偶然性を生演奏・プログラミングと融合・再構築したサウンドを展開。
IDM・アンビエント・ノイズ・ミニマル・エレクトロニカを横断したスタイルと激しいライブパフォーマンスに定評がある。
https://twitter.com/IsolateLine
https://soundcloud.com/isolate-line
contact: parallelline9699@gmail.com

Taiki Masai
masai
Minimalist
2012年、Drum&Bass Album “UNBROKEN” をリリース。
以降、制作及びLIVEをミニマルテクノにシフトし、Persian率いるUK レーベル Existence is Resistance からミニマル、インダストリアル等 の尖端音楽へと傾倒した作品を発表する。
2013年、同コンセプトを定義とする “less is more” を阿波座nu things にて立ち上げる。
more info : http://taikimasai.com/

kazuto yokokura

大阪在住のエレクトロニクス・ミュージシャン
空間構築・イメージ喚起・その他が可能な電子音楽~電子音響作品を志向している
基本的にアンビエント寄りのサウンドである

AGI Yuzuru ( 阿木 譲 )
agi
評論家 / 編集者 / プロデューサー
雑誌「ロックマガジン」、「EGO」、「E」、「Infra」、「Bit」等数多くの著作を発表し、日本初のインディーレーベル「Vanity Records」を設立し、そのどれもが今や伝説となり、今や国内外問わずどれもが高値で売買される。
そして現在は自身のレーベル「remodel」よりV.A「a sign」、V.A「PROLOGUE : SEMANTICA RECORDS COMPILATION」、Momus「In Samoa」をリリース。
小休止状態だったremodelが今、新しい展開をしようと動いており、期待されている。

運動体である音楽を遡って見た時に、氏が紹介 / プロデュースしてきた音楽が物事の本質、音楽の潮流を外れることなく、リードし続けてきたということは驚くほかない。
自身から明言はしないものの、音楽を通じて「生きること」ということを問い、表現しているように思う。
一時休止していたブログを再開し、国内外問わず大きな反響、影響をもたらす。
http://agiyuzuru.wordpress.com/

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。