2013年8月24、25日(土、日) 亀井麻里+石立敏保 Presents:ENGRAVEー刻み込むー

082413_engrave_web
24 (sat) 18:00-22:00 1500yen(exclude 1drink)

LIVE:
PSYCHOLONICA
psycholonica
Tomomi Okunoのソロユニット。
2001年から声を使ったパフォーマンスをはじめる。
2012年からPSYCHOLONICA名義として活動を開始。
PSYCHOLONICAとはPsychology+erectronicaをかけあわせた造語である。
ノイズでありながらpop、オリエンタリズム、少女性、メルヘン、ミステリアスなどをコンセプトとしながらも、一貫した軸を持った世界観を構築していく事を目標としている。

亀井麻里(Live Cutting)×OH Myungja
亀井麻里(Mari Kamei)
kamei
2006年より自ら命名したCuting Artstとして活動開始。
2011年よりLive Cutingを開始し、“もぐらが一周するまで”と共演、2012年にはJerry Gordonと共演。
「インスタレーション、ディスプレイ、パフォーマンス、ワークショップ・・・・いろいろな分野でチョキチョキとハサミで制作しています。」

OH Myungja
mungja_mono
京都市出身。2010年1月より即興演奏家・向井千惠氏主宰の『即興表現ワークショップ』に参加、即興での表現にはまり、数々のセッションをワークショップで行う。当初は絵を即興で描いていたがすぐにパフォーマンスに移行、やがて音楽の即興も始めるようになる。中学生まで3年半ほどピアノを習っていたのもあって25年以上ぶりにクラシックピアノの練習を再開、バッハの曲の練習が難航、「人の曲なんか弾いてられっか(バーンと鍵盤叩く)」と思ったのがきっかけでピアノを即興で弾くようになる。現在はヴォイス・パフォーマンス、鍵盤楽器の即興演奏を中心に活動中。お話を即興でしゃべり歌う「弾きしゃべり」も同時進行中。

みすず(Dance Performance)×山崎昭典
みすず
misuzu
元バレリーナのダンサー、パフォーマー。
2007年より京都を拠点にソロ活動を開始し、以降 様々なミュージシャンやアーティストとのセッションを行う。
常に変容し、モノガタリを空間に刻もうと舞う。

山崎昭典(Akinori)
yamazaki_mono
京都府京丹後市網野町在住のギタリスト/作曲家。
2001-2003年にかけて鈴木昭男氏のアシスタントとして、ベルリン、ロンドンでの公開制作やCD制作に携わる。
2005年に英国音楽誌WIREのサポートのもと、ガットギターとエレクトロニクスによる作品CD『RED FIELD』をHOREN(大阪)より発表。ニューミュージック界の大御所評論家/音楽家であるDavid Toopがライナー文を寄稿、マスタリングは宇都宮泰氏(ex.アフター・ディナー)が手掛け、ダニエル・ダックス、オール・アバウト・イヴなどのアートワークで知られる女性写真家のHolly Warburtonがアートワーク担当を申し出るなど注目される。

伊藤 文(Bun Ito)
bunito_mono
ギタリスト
タッピング、ライブルーピングを駆使して唯一無二の音空間を構築する世界でも数少ないWarrGuitar奏者。
Improvisationに重点を置いたミニマル~スペイシーなプレイを展開。
05年リリースされた1stアルバム「Road to Nowhere」は現代音楽やテクノなど様々なジャンルのリスナー、アーティストから高い支持を得る(WIRE誌(UK)、remix誌レコメンドディスクにも選出)。音楽のみならず映像、ダンス、舞踏など様々なアーティストとのコラボレーションも数多くボーダレスに活動。またTBS世界遺産やNEWS23などのTV番組のBGMとしても度々彼の曲が使用されている。現在は2ndアルバムを製作中。

25 (sun) 15:00-19:00 1500yen(exclude 1drink)
ART PERFORMANCE:
亀井麻里

LIVE:
Kenta Toguchi
toguchi-profile2012ss-mono
大阪・泉州在住。テノリオンを手に、目指すは「ローカル線の車窓のようなゆるい音楽」。
趣味は鉄道。好物はエクレアとコーヒー。

Unyo303

安並 美杉 (Misugi Yasunami)
@ Unyo303大阪市在住 , Japan
2007年の「シンセサイザーフェスタ大阪」にて、モジュラーシンセサイザーのみによる、即興演奏をおこなう。
過去ではなく、現代のモジュラーシンセサイザーの表現を模索しつつ、2007年以降、多数のライブに出演。
PCやMIDI機器を一切使わず、モジュラーシンセサイザーだけによる即興演奏は、五線譜と時間軸の概念から飛び出したサウンド放ち、聴く人を不思議なシンセサイザーサウンドの世界へ誘っている。
また、ソロワークの他に様々なアーティストとのコラボレートでも活動。大阪を拠点に活動中。

Delt△s
deltas_mono
deltΔs = 樋口康弘( Program/Vox/Guitar/Noise/Effect )+ 一ノ瀬大希(Bass/Noise/Sampler/TENORI-ON/Laptop)
エレクトロニカ・アンビエント・グリッチサウンドに傾倒。
2011年より活動開始し、国内アーティストのみならず、数々の海外アーティストと共演を重ね、
今年2013年、deltΔs × Be Here Now ! の気鋭イベント「magicant」を立ち上げる。
ゲストにUHNELLYS・Lady Flashなど迎え話題となる。
そして、2013年夏、初のフルアルバム「float in the light」を完成。
電子音の変態リズムとライブでの突然の爆発的な動き、そしてトリッキーなノイズが絡み合い、
物理的な意味も含めた静と動の科学反応は新しい衝動を作り出す。
福岡のみならず地方でも精力的に活動中。

DJ:
東山聡
higashiyama_mono
京都府出身。14歳頃より、rock magazineを読み始め、その当時の尖端音楽であった、Punk、NW、ジャーマンプログレ、等に触れる。
その後も断続的ながら尖端音楽に触れながらも、自身でも、情報発信すべく2013年春にひそかにDJとしての活動を始める。只今、自身のスタイルを見つけだすため格闘中である。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。