2013年9月28日(土) edition.nord × inframince × nu things Presents… shin akiyama dmx sculpture: compositions for “nu things“

EN
18:00-22:00
entrance free(要1ドリンクオーダー)

edition.nord × inframince × chef d’oeuvre × nu things 4者合同開催企画のオープニングパーティーとしてshin akiyama / AGI Yuzuru / Hideaki Okamuraの3人によるDJイベントを開催致します。

※秋山伸 氏の作品は光学装置を用いたものでタイトルは”dmx sculpture”
・照明装置(dmx)のプログラムをコンポジション(構成 = 作曲)した作品
「音楽は時間芸術にカテゴライズされるものですが、照明装置の明滅の仕方を時間軸で構成することにより
時間芸術でもあり、彫刻でもある作品を発表」

DJ:
秋山伸│あきやま・しん│グラフィック・デザイナー
akiyama_port_1108
東北大学建築学科卒業。東京藝術大学建築専攻修了。
90年代より芸術・デザイン・批評に関するグラフィックを数多く手がける。
2010年末、東京から故郷の新潟に移住し、自社edition.nordをベースにデザイン・出版活動を続けている。
http://akiyamashin.jp/
http://www.editionnord.com/

AGI Yuzuru ( 阿木 譲 )
agi
評論家 / 編集者 / プロデューサー
雑誌「ロックマガジン」、「EGO」、「E」、「Infra」、「Bit」等数多くの著作を発表し、日本初のインディーレーベル「Vanity Records」を設立し、そのどれもが今や伝説となり、今や国内外問わずどれもが高値で売買される。
そして現在は自身のレーベル「remodel」よりV.A「a sign」、V.A「PROLOGUE : SEMANTICA RECORDS COMPILATION」、Momus「In Samoa」をリリース。

運動体である音楽を遡って見た時に、氏が紹介 / プロデュースしてきた音楽が物事の本質、音楽の潮流を外れることなく、リードし続けてきたということは驚くほかない。
自身から明言はしないものの、音楽を通じて「生きること」ということを問い、表現しているように思う。
一時休止していたブログを再開し、国内外問わず大きな反響、影響をもたらす。
http://agiyuzuru.wordpress.com/

岡村 英昭│Hideaki Okamura│inframince inc. Founder & Producer
2010年 inframince inc 設立
2011年 デザイン・レーベル” t i l d e _ “(チルダ)の活動を開始
人間に備わる様々な知覚領野をリサーチしながら、国内外のデザイナーと恊働で様々なアイテムの開発を行っている。
inframince inc.

BGM:
Masaru Hatanaka
サウンドアーチスト
大竹伸郎 氏とのバンド「2」のメンバー

10/26 (sat)
18:00~22:00
2000yen(inc 1drink)

– Talk Event & Record Concert –
[ (仮)インディペント・メディアの過去・現在・未来 ]

阿木 譲(nu things) x 秋山 伸(edhition nord)

聞き手 : 岡村 英昭(inframince inc.)

日本におけるインディペンデント・マガジンとして伝説的な存在である”rock magazine” を編集・運営してきた阿木 譲。
edition.nordの活動や国際展に関する広報物や図録などのデザインで国内外より高い評価を得る秋山 伸。
両名をお迎えし、音楽とデザインにおけるインディペンデント・メディアの変遷や可能性などについて
様々な音源などを紹介しつつ、お話しいただきます。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。