2013年12月20日(金) 長野雅貴 Presents 結節点i! – その26-反復 –

–¼Ì–¢Ý’è-1
open 18:30 / start 19:00
1000yen(inc 1drink)

”N.O.Nのギタリスト長野雅貴が主宰するフリーセッションイベント。
gt、ba、ds、p、ラップトップ等の楽器だけでなく、ダンサー、ポエトリーリーディング等、
音楽はじめありとあらゆる表現が交錯、模索の場となればと思ってます。

今回のテーマは反復。

この日はcharge1000円(drink付き)といつもよりちょいお得。年忘れ的な感じで楽しみましょう。

こんな方々がきます↓
長野雅貴(gt)、奥村亘(gt)、林堅哉(gt)、kazuto yokokura(laptop) 、鈴木チカ(龍笛)、小関幸(etc)
OH Myungja(piano&詩) 松本和史(詩)、山田いづみ(dance) 、などなど。 予定です、

もちろん飛び込み大歓迎です。集え!表現者。”

奥村 亘(gt)
京都のバンドN.O.Nのギター担当

kazuto yokokura(laptop)
yokokura_mono
空間構築・イメージ喚起+αが可能な、身体性を伴う電子音楽を目指している。現在はテクノ的な形式を多用する。

鈴木チカ(龍笛)
ディジュリドゥ、口琴、喉歌、バーンスリーなどの民族楽器を縦横に演奏しつつもどこかで海外の民族音楽をプレイすることに違和感を感じて2005 年ごろより
雅楽器である龍笛をはじめる。当初龍笛の技量があまりにも低かったため、それを補うために信号処理を独学で学びはじめた。また、IRCAMの作曲家であるカイヤ・サーリアホ女史の“フルートとエレクトロニクスのために”と題されたNoaNoaという作品を聴いたことをきっかけに龍笛によるライブエレクトロニクス作品を 2010年ごろより制作しはじめ、龍笛の技量が向上した現在も続けている。現在はライブエレクトロニクスだけに留まらず、即興演奏、音楽と映像の融合な
どに挑戦している。

小関幸(etc)
バチカ名義にて、「風景が見える音楽」をテーマにベースなどを弾きながら音を紡いでいます。
バンドではパパピププPEPO!でサンプラー、PARADISKaでキーボードを担当しています。

OH Myungja(piano&詩)
京都市出身。2010年1月より即興演奏家・向井千惠氏主宰の『即興表現ワークショップ』に参加、即興での表現にはまり、数々のセッションをワークショップで行う。当初は絵を即興で描いていたがすぐにパフォーマンスに移行、やがて音楽の即興も始めるようになる。中学生まで3年半ほどピアノを習っていたのもあって25年以上ぶりにクラシックピアノの練習を再開、バッハの曲の練習が難航、「人の曲なんか弾いてられっか(バーンと鍵盤叩く)」と思ったのがきっかけでピアノを即興で弾くようになる。現在はヴォイス・パフォーマンス、鍵盤楽器の即興演奏を中心に活動中。お話を即興でしゃべり歌う「弾きしゃべり」も同時進行中。

松本和史 | Kazuhito Matsumoto
kaz
1984年大阪生まれ。時代の移り変わりと共に立ち現れるメディア芸術表現を考察し、カセットテープレコーダーを用いて一人で輪唱ができる装置や、コンクリート・ポエトリーと呼ばれる文字を図像的に用いた詩表現などの作品発表を行なっている。音楽活動では、Z-Z言語「ウ」(NINGENGOUKAKU)にて、Vo.を務めている。
http://bit.ly/qsDXkH
http://zzlangu.exblog.jp
http://bit.ly/j1DGWE

山田いづみ(dance)
ダンス 1983年BRICKS DANCE COMPANYを設立。
1997年~02年、在仏日本大使館招待パリ公演を行う。
2010年より「Idumi Moving Sessions」を定期開催している。
ダンス活動はボーダレスで多彩、現在大阪、東京を拠点に活動を続けている。

ORGANIZER:
長野雅貴
nagano
2005年より活動するN.O.Nのギター担当。床に置いたアンプ、機材を駆使しつつ、楽器を弾く。即興を通じ、音と演 奏の間にある閉塞した関係を取り壊しにかかる。結節点!i主催。阿波座nu thingsを拠点に各地でフリーセッションイベントを展開。86年生 神戸在住。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。