2013年12月26日(木) Listening room

Listening room
19:00-23:00
500yen

尖端音楽リスナーであり、その尖端音楽の源流である80年代のインダストリアルミュージックをリアルタイムに体感したSatoshi Higashiyama、ISHIDATE Toshiのお2人がレコードをセレクト、リスニングルームとして開放します。
DJとはまた違った着眼点でセレクトされるレコードを堪能して下さい。

SELECTOR:
東山聡
higashiyama_mono
京都府出身。14歳頃より、rock magazineを読み始め、その当時の尖端音楽であった、Punk、NW、ジャーマンプログレ、等に触れる。
その後も断続的ながら尖端音楽に触れながらも、自身でも、情報発信すべく2013年春にひそかにDJとしての活動を始める。只今、自身のスタイルを見つけだすため格闘中である。

石立敏保
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
70年代KBS近畿放送の「ファズ・ボックス・イン」というラジオ番組で阿木譲氏を通してジャーマン・プログレッシブ・ロックと出会う。以降ロックマガジンを通じPUNK,NWやテクノポップ、氏が設立したヴァニティ・レーベルの音に触れる。
2006年退職後、阿木譲氏のブログの存在を知り再び先端音楽に触れ初め、2012年大阪阿波座のnu thingsオープンの時、初めて阿木譲氏と対面する。
また退職後、現代美術に傾倒。
◎2010年、彫刻家中ハシ克シゲ氏「水のゆくえ~連鎖する水音」(京都国立近代美術館)の公開制作ボランティアとして参加。
◎木津川アート2011、木津川アート2012にボランティアスタッフとして参加。
◎2012年、現代美術家岡本光博氏の「バッタもんのバッタもんブロジェクト」に参加、出展。
そして先日nu thingsでカッティングアーチストの亀井麻里と共に「ENGRAVEー刻み込むー」をオーガナイズ、キュレーションし、成功を収める。

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。