2014年1月10日(金) UNTITLED

MINIMAL FLUID December
19:00-23:00
2000yen(inc 1drink+CDR)

*Stroboscopic Artefactsを核に、新しい時代のダンスミュージックをショウケースとしてDJイングしていきます。あくまでも2014年の新しいパーティミュージックとして踊らせる空間を特に意識しながら、、、いつもは相似律的にグルーヴやサウンド、コンセプトの近いものに沿ってブリコラージュしているのだけど、4時間という限られたDJイングの時間のなかから、ターンテーブルに乗っからずに落とされていく素晴らしい音源も数多くあって、今回はそうしたものを主に新しい時代のパーティとしての、テクノダンスミュージックを実験的に構築していこうと思っています。当日の映像にはIgnazio Mortellaroの作品を全面的に使用します。
http://agiyuzuru.wordpress.com/2014/01/06/lucy-churches-schools-and-guns/

bricolage:
AGI Yuzuru ( 阿木 譲 )
agi
評論家 / 編集者 / プロデューサー
雑誌「ロックマガジン」、「EGO」、「E」、「Infra」、「Bit」等数多くの著作を発表し、日本初のインディーレーベル「Vanity Records」を設立し、そのどれもが今や伝説となり、今や国内外問わずどれもが高値で売買される。
近年では自身のレーベル「remodel」よりV.A「a sign」、V.A「PROLOGUE : SEMANTICA RECORDS COMPILATION」、Momus「In Samoa」をリリース。

運動体である音楽を遡って見た時に、氏が紹介 / プロデュースしてきた音楽が物事の本質、音楽の潮流を外れることなく、リードし続けてきたということは驚くほかない。
自身から明言はしないものの、音楽を通じて「生きること」ということを問い、表現しているように思う。
一時休止していたブログを再開し、国内外問わず大きな反響、影響をもたらす。

そして2013年12月24日にはデザイナー / アーチストの秋山伸氏と共にアートジン[ 0G – zero g]を発刊、出版パーティーで用意した限定初版は瞬く間に売り切れ、約10年ぶりに紙媒体を発表することで更なる話題を呼んでいる。
http://agiyuzuru.wordpress.com/

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。