2014年5月3日(土) チルアウト喫茶

050314_chillout
18:00-23:00
adv 1500yen / door 2000yen(each inc 1drink)

LIVE:
solaris hour(from Tokyo)
5月のライブ
Y-co (Vo)moriken(electronics)のユニット。
2002年結成。野外パーティやクラブ、カフェ等でライブ活動。
solaris hourの音楽はトランシーで柔らかく、 朝日や夕日の空の色を表現している。TechHouse,Trance,Chillout,Ambient, 様々なトラックにシャーマニックな歌声に定評のあるY-coが踊る様にして歌う。
2014年春に自身のレーベルhard ambiet cafeより1stアルバム”music from the solaris hour”をリリース。
www.solarishour.com

Linco(from Tokyo)
5月のライブ
color-music主宰。
プロデューサー、コンポーザー、アレンジャー。映像、絵画、写真、小説、ウェブ、デザインなどにも表現を広げる。
2002年:「NATIVE INSTRUMENTS」 「KVR」リミックスCompetition1位
2006年:文化庁「日本のメディア芸術100選」自由 記入欄のアート部門で、岡本太郎に続き2位となった「カンブリアンゲーム」。「カンブリアンゲーム」は絵画、写真、俳句、など様々な表現形態を含むが、その音楽部門のセッション・マネージャーを務める。
http://www.color-music.net/

111111111111[ twelve-one]
111111111111_mono
キーボード&歌のアカネとベースの池田よしあきaka gosei-f が中心となり2009年にkeep ears openを結成。
後にPA&リズムボックスのSPACE KENが加わり、現在のコアメンバーに。
2011年11月11日11時11分11秒にバンドが生まれ変わり、twelve oneと改名した。
以後、バイオリン、コーラスに加え、パーカッション、ギターがゲスト参加。
2013年よりエレクトリックドラムの江幡龍、シンセサイザーの新光太郎が加入し、現在の形となる。ダウンテンポなグルーヴに独特の旋律を紡ぐベルベット・ヴォイスが溶け込んだ、温かみのあるサウンドが特徴。
チルアウトミュージックでありながら同時にポップミュージックを強く意識した音世界を展開している。

DJ:
Kauhi (from Tokyo)
5月のライブ
レイキ等のエネルギーワークや、NLP、タッチセラピーを包含するイオ・ヒーリングを展開中。
ライアテア島・イースター島・久高島・アイルランド等のエネルギーを通り、今日に至る北海道男児。
この名前は、2003年ハワイのオアフ島ライエのロミロミマッサージ スクリーニングにて、愛とともにいただいた「地球上で迷わないように、道を照らす指標 の星」という意味のハワイアンネームです。
DJでもヒーリング活動中。
1988年イギリス のウェアハウスイベント「エナジー」で、ハウスミュージックの洗礼を受け、その後トラ ンスシーンの流れに乗りつつも、Phish等のバンドサウンドにも共鳴し、既存のスタイル にとらわれない、オープンでその場を純化するジャンルレスDJへ。

小林

オオハライタル
itaru
京都生まれ。ボーダレスに挑戦するDJ。悲しげな曲が好き。算数が苦手。『チルアウト喫茶』主催

生花凸:
わさわさ

おつまみ:
またたび食堂

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。