2014年5月26日(月) inquisitio – C-drík Japan Tour 2014 –

052614_inquisitio
open 19:30
adc 2000yen / door 2500yen(each inc 1drink)

LIVE:
C-drík (Syrphe) from Germany
C-drík
experimental to electronica, noise, ambient, electro-acoustic, minimal wave, improv, acid, hip hop等多様な音楽を通過したサウンドを構築するアーチスト。
ドイツを拠点にレーベルSyrpheを主宰し、ミキシング、マスタリングも担当、ライブ以外にはDJ、レクチャー等の活動を展開する。
マスタリングエンジニアとしての側面は、Ant-Zen、Ad Noiseamなどのドイツ重要インダストリアルレーベルから大きな信頼があり、既に100タイトル以上を手掛けている。
http://www.syrphe.com/index.html
http://www.facebook.com/Syrphe
http://www.discogs.com/artist/118042-C-drík
http://soundcloud.com/cdrk-1

Sunao Inami(electr-ohm)

13歳でシンセサイザーに触れる。
アナログ/デジタルの双方に深い造詣を持ち、なかでもWavetable Synthesisにおいては世界有数の使い手である。
98年、ベルギーのレーベルSubRosaよりアルバムをリリース。
00年以降はヨーロッパ、アメリカ、台湾などでもライブを展開、各地で好評を博す。
09年3月はポーランドでのフェスティバルにてZ’EV、REFORMED FACTION(ZOVIET FRANCE)らと共演。
自身のレーベル&ディストリビューション『electr-ohm』を主宰し、国内入手困難なインダストリアル/IDM系作品を紹介している。
近年の興味は唐辛子の栽培であり、激辛種を少量多品目で栽培、販売している。
http://www.sunaoyasai.com
http://facebook.com/sunaoinami.official
http://soundcloud.com/sunaoinami
http://www.discogs.com/artist/Sunao+Inami

kou yamamoto + takayuki kura
kou
意識の大海に漂う

neuheimeraltz
040918_1433~01
大阪、堺を拠点として活動する魚かを中心に実験的であることのみをモットーに挑発的な音楽活動を志すユニット。
近年はsunn0)))、earthといったドローン、ダークアンビエントの世界に魅了され傾倒しており、ここ日本においてもノイズだけではなく、エクスペリメンタルな音楽、ドローン等のシーンが盛り上がっていけばという思いで活動を続けている。
http://soundcloud.com/ssakana/ka3moeznktxw
http://www.youtube.com/watch?v=_dboNAU_VWs
http://www.youtube.com/watch?v=OJhMHAfhVp8

SCA
sca_mono
Poisonous Baum Recordings代表。
ノイズポップ及びエレクトロノイズを称した音楽を大阪を中心に展開。
コンスタントに発表される自らの音源の他にも、
8月に京都のNew Waveバンド、CTLYAのデビューミニアルバムをプロデュース。
同作品ではZEPTONIA、ex.DRINKPEDの小倉ヲージや、PLASTICZOOMSのSHO ASAKAWAとも共演を果たす等、
ジャンルやイメージ、概念に固執しない活動を展開。
ライブではプロジェクターを使用した映像や、テレビデオ、懐中電灯を使用する事で、変な印象と、しこりだけを残している。
http://www.poisonous-baum.com/
https://soundcloud.com/pbrsca

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。