2014年6月21日(土) Zweite Haut

062114_zweite表 062114_zweite裏
open 19:00 / start 19:30
2000yen(inc 1drink)

LIVE:
PSYCHOLONICA
psycholonica
Tomomi Okunoが主宰するアートプロジェクト。
2012年からPSYCHOLONICA名義として活動を開始。
現在、関西を中心にライブや対談などイベントの企画を行っている。
主な作品として2013年にインドネシアのネットレーベルEar Alert Records  からRantau Ranjau氏とのスプリットアルバム「Bipolar disorder」をリリースしている。

ARMS
arms
KISIMOTO KAZUHISAのソロプロジェクト。
2013年にレーベルENIUMICを立ち上げ、同年1月に1st『6M』(CD/eniumic001)をリリース、『ロックマガジン』や『EGO』などで知られる音楽評論家、阿木譲から「絶望的なまでに美しい夜のサウンドトラック」と評された。
同年9月には平行プロジェクトであるATRANTIS25名義により『Po Tolo Eyes』(12inch/eniumic002)をリリースした。
また、大阪阿波座のNU THINGSを拠点に、ENIUMICの公開実験と銘打った事実上のワンマンショウ『ENIUMIC TEST』をはじめとする現場活動を展開。
音楽に留まらず、写真などの映像表現、デザインワークなども行う。
http://eniumic.org

MINE
mine
Modular synthとDelay effectによる即興演奏。反復の隙間から聴こえてくる音楽。MP3には決して収まらない本物の豊かな振動を是非ライブでご堪能下さい。
http://minedaidenzin.com/

Isolate Line (Parallel Line)
isolate_web
奈良県出身、大阪を拠点に活動する電子音楽家。
2004年より、ソロアーティスト”Isolate Line”として活動開始。
相反するエレメントの融合をテーマとし、ラップトップ・電子楽器のコンクリクフト、ノイズ、フィールドレコーディング等の偶然性を生演奏・プログラミングと融合・再構築したサウンドを展開。
IDM・アンビエント・ノイズ・ミニマル・エレクトロニカを横断したスタイルと激しいライブパフォーマンスに定評がある。
https://twitter.com/IsolateLine
https://soundcloud.com/isolate-line
contact: parallelline9699@gmail.com

DANCE PERFORMANCE:
大歳芽里
meri
3歳より京都バレエ専門学校/有馬バレエ教室にてクラシックバレエをはじめる。昭和音楽芸術学院バレエ科を卒業。
様々なスタイルのダンサー、劇団、歌手、ヴィジュアルアーティスト、ミュージシャン等と共演を重ねる。2005年より4年間南アフリカの振付家ヴィンセント・マンソーの海外ツアーに参加する。
2008年より2010年までフランスのアンジェ国立振付センター、振付コースに在籍し卒業する。自身の映像作品が8カ国で上映される。現在大阪を拠点に活動中。他の分野におけるダンスの可能性、身近なところにダンスを広げたいと考えている。
http://mericious.wix.com/meriotoshi

BUTOH FASHION SHOW:
地案
chian
舞踏手
ロマンチカ學校踊り手
地案×渉×S.noi×タテヤン 踊×音楽チーム結成

京都、大阪を中心に活躍中。
自身での振り付け、構成をした作品を定期的に発表。
ソロ活動も精力的に行っている。
出前踊りを出前している。
また役者や現代美術作家としての顔を持つ。自身で制作した造形物を身に纏い踊る新たな試みもしている。
独特の世界観で枠にハマらず予測不可能な動きが特徴。
芸術を中心とした日々を送っている。今後新たな作品を発表する予定。

坂田可織
sakata
ダンスに出会い体を忘れていたことに気付き、以降様々な出会いの中、主に舞踏を学ぶ。舞踏家由良部正美氏に師事。言葉にならない様々なエネルギーに素直な体を模索している。

VISUAL:
Paravora

ハシモトシンゴ(paravora)
大阪を拠点とし、映像の発信=受信する事を目的に2004年より活動を開始。
枠内の表現だけに捕らわれない空間演出を提案する傍ら、
自治会の上映会から子供向けのワークショップなど幅広く活動する
主な作品、活動としては
2007年、OOIOO/OOHOHOO-OOIOO MUSIC VIDEOS’99~’07のEYE(BOREDOMS)MIXでのCG制作。
2009年、劇団子供鉅人公演「IN THE BLACK」の映像演出。
2010年、柴田剛監督作品 映画「堀川中立売」のCG制作。
2011年には、大阪の寺田町にて地域で興すフェス「ateler teradacho fes 2011」の主催。
大阪、西本町Wag Art Cubeで行われた「OVERDUE exhibition」映像展示など、積極的に活動を広げる。
2012年、維新派「夕顔のはなしろきゆふぐれ」の宣伝映像を制作。イケグチタカヨシと共にnu thingsにて[ translation ]を主宰し、映像と音の新たな可能性を探る。

ART WORKS:
マツムラアヤコ
matsumura
成安造形大学・テキスタイルアートコース2013年卒業。同校で織物のテクスチャーについて学び、身体の皮膚を織物で表現し始める。2013年に「第45回 毎日・DAS学生デザイン賞 金の卵賞 入賞・入選作品展」で最優秀賞「金の卵賞」を受賞。以降、リトアニアでの発表など活動の場を広める。2014年から京都市立芸術大学大学院美術研究科工芸専攻染織修士課程に入学、在学中。

PLANNING:
Toshiyasu Ishidate
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
70年代KBS近畿放送の「ファズ・ボックス・イン」というラジオ番組で阿木譲氏を通してジャーマン・プログレッシブ・ロックと出会う。以降ロックマガジンを通じPUNK,NWやテクノポップ、氏が設立したヴァニティ・レーベルの音に触れる。
2006年退職後、阿木譲氏のブログの存在を知り再び先端音楽に触れ初め、2012年大阪阿波座のnu thingsオープンの時、初めて阿木譲氏と対面する。
また退職後、現代美術に傾倒。
◎2010年、彫刻家中ハシ克シゲ氏「水のゆくえ~連鎖する水音」(京都国立近代美術館)の公開制作ボランティアとして参加。
◎木津川アート2011、木津川アート2012にボランティアスタッフとして参加。
◎2012年、現代美術家岡本光博氏の「バッタもんのバッタもんブロジェクト」に参加、出展。
そして先日nu thingsでカッティングアーチストの亀井麻里と共に「ENGRAVEー刻み込むー」をオーガナイズ、キュレーションし、成功を収める。

Ayako Matsumura

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。