2014年7月6日(日) チルアウト喫茶

060714_chillout
15:00-23:00
adv 1500yen / door 2000yen(each inc 1drink)

LIVE:
111111111111[ twelve-one]
111111111111_mono
キーボード&歌のアカネとベースの池田よしあきaka gosei-f が中心となり2009年にkeep ears openを結成。
後にPA&リズムボックスのSPACE KENが加わり、現在のコアメンバーに。
2011年11月11日11時11分11秒にバンドが生まれ変わり、twelve oneと改名した。
以後、バイオリン、コーラスに加え、パーカッション、ギターがゲスト参加。
2013年よりエレクトリックドラムの江幡龍、シンセサイザーの新光太郎が加入し、現在の形となる。ダウンテンポなグルーヴに独特の旋律を紡ぐベルベット・ヴォイスが溶け込んだ、温かみのあるサウンドが特徴。
チルアウトミュージックでありながら同時にポップミュージックを強く意識した音世界を展開している。

DJ:
Enitokwa
enitokwa
CLASSIC-NEW WAVE-HARD CORE-INDUSTRIALを通過後渡米、90年代初期NYCの音楽文化に触発され活動開始。1994年Space Lab Yellow (eleven)のレーベルにアーティスト兼A&Rとして加わりDJ K.U.D.O aka ARTMANと共に東京Techno黎明期の一端を担う。
1998年大阪に拠点を戻しBLAST HEAD, WOODMANを輩出したレーベルSONIC PLATEより2枚のアルバムを発表、AMBIENT-TRANCE-DANCE が同一線上にある音楽性を確立。2008年にはJun Yamabeとのスプリットアルバムがギリシャ KLIK RECORDSよりリリースされた。近年はDJ、楽曲制作ともエンターテイメントを極力排除し一人の音楽愛好家として場所、人と無我の共振を深めていくことに音の楽しみを感じている。

maiko(anima)
maiko
1999年頃より活動開始。2005年京都でemile、mikiakoとともに”anima”始動。”地下茎”、”emerald tablet”等大阪でのレギュラーパーティを経て、deephouseを中心に音の深海を探索宙∞

オオハライタル
itaru
京都生まれ。ボーダレスに挑戦するDJ。悲しげな曲が好き。算数が苦手。『チルアウト喫茶』主催

お花:
わさわさ

FOOD:
喜来 kirai
kira
ちょっとおいしい
からだに優しい
出張お料理 喜来

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。