2014年8月2日(土) 結節点i!その39 -長野雅貴 soloアルバム「、を打つ」レコ発PARTY-

080214_結節点
open 18:00 / start 18:30
2000yen(inc 1drink)

長野雅貴 1st、soloアルバム「、を打つ」初売り。1800YEN 京都のshakti musicより
cd紹介 曲目

LIVE:
長野雅貴部隊
are
長野雅貴(gt)、鈴木チカ(龍笛)、 フジタダイスケ(p)、OH Myungja(vo)、松元隆(ds)

長野新バンド、初お披露目!!関西最強の即興演奏家集団(仮)

kawol
kawol
10月7日生まれ。
初めて耳を傾けた「音楽」は短波ラジオを通して聞こえて来たノイズの波。
12才でうたとギターを、14才で作曲を始める。
気がつけば「アラブ古典音楽とその楽器ウード研鑽の為」と称して1989年チュニジアに降り立ち、そのまま1年程遊学。(それらを、彼の地の巨匠アリ・スリティ氏に師事する機会を得る)
色々な出合いの中で、スタジアム、劇場でのコンサート、 国営TV番組等に出演。
帰国後は秋元カヲル名義で様々なアーティスト達とのレコーディング、コンサート、TVラジオ等のメディア出演にギタリスト、アレンジャー、作詞家として参加。
作曲家として、映画のサウンドトラック等も手がける。
”あらゆる形式を越境してゆく寡黙にして強度を持った意志としての「非国籍」音楽。躓く指に振動する弦、呼気に震える咽喉。ただそれだけの。何にも拠らず、きちんと座って、ただただ演奏すること。”
http://blog.livedoor.jp/kawl/

MILKLOTUS
milk
ある女性の個人的で自由気ままなプロジェクト。
女性の血液ともいえるミルク。そこから咲く泥花という意味で命名。其処で鳴る花(作品)は、愛か癒しか、はたまた業か毒か。
感情の編み出す旋律を丁寧に楽曲に起こす。また、近年は即興での演奏パフォーマンスも好んで行う。声の楽器としての可能性を探るべく、音楽的アプローチとエフェクターを用いての実験的なパフォーマンスを行う。
http://milklotus.web.fc2.com/

磯端伸一 + 薬子尚代 duo
磯端伸一
isobata
1962年大阪生まれ。 12才からギターを弾き始めジャズに傾倒、1982年から東京で音楽理論等を学ぶ。85年から故高柳昌行に師事、楽器の基礎と高柳の音楽哲学を学ぶ。93年から兵庫県在住。いわゆるクラシックやポピュラーの類から、ノイズ・抽象に至るまでその音楽活動は多岐に渡り、特にアブストラクトなジャズと現代音楽的アプローチのインプロヴィゼーション・ギター・ミュージックは、視覚的イメージと独自の理論構成によって精緻かつ大胆に奏され、その独特な響きと透明な音色は国内外の多くのリスナーを魅了している。また、96年からスタートした「series EXISTENCE」は、サウンドと視覚との美的抽象空間共有を目指すライフワークとして実践を継続し、他の分野のアーティストとのコラボレーションも多数手がけている。
http://d.hatena.ne.jp/abst-si/

薬子尚代
yakushi
大阪音楽大学ピアノ科卒業。ザルツブルグのモーツァルテウム音楽院にてソロ及び 室内楽の研鑽を積む。セラピストとピアニストを職業にする。
http://blogs.yahoo.co.jp/eyepower2013

向井千恵 + 辰巳加奈 + 松本智仁 trio
向井千恵
mukai
大阪生。
1975年、美学校小杉武久音楽教場に学び、胡弓(二胡)を手にし、即興演奏を始める。
地歌を中華絃耀に師事。
“East Bionic Symphonia”、“STEREOS”等に参画。
1981年より自身のユニット“Ché-SHIZU (シェシズ)”を始める。
1983年頃より、Ché-SHIZUはオリジナル曲を中心に演奏するロックバンドとして活動。
現在、Ché-SHIZU、即興演奏グループ“打鈍 (dadunr)”、“amabeys!”、ソロの演奏の他、様々な音楽家、舞踏家、パフォーマー等と国内外で共演している。
即興表現によるMIXED MEDIA ARTのフェスティバル“PERSPECTIVE EMOTION (透視的情動)”主宰。
即興表現ワークショップを各地で開催している。
http://www.kilie.com/mukai/

辰巳加奈
tatsumi
2001年に”映糸”を結成、nobleより『awaawa』(2003年)、テイラー・デュプリーによるリコンストラクトアルバム『every still day』(2005年)をリリース。その後、主にピアノと声を用いたスタイルで、”Mujika Easel”としてソロアルバム作品『Love and Realism』(2006年)、『海辺より』(2010年)を発表。2013年にギターとコーラス主体のアンサンブルグループ”Lavender Pillow”を結成し、主に関西にてライブ活動開始。2014年よりピアノとバンドネオンで”天体”に参加。その他、様々な演奏家やダンサーとの即興演奏活動も行っている。
http://www.mujika.net/

松本智仁
matsumoto
1987年生まれ、大阪在住。 フォークミュージックとフリーインプロヴィゼーションを接点とする、即興演奏活動を2008年頃から開始。 ソロでは、12弦ギターを使用し、歌なしのギターインストゥルメンタルから、ラジオ、ミキサー、カセットレコーダーを使用した音響的なアプローチなど、気の向くまま自由な活動を行う。 また、自身がリーダーである、辰巳加奈とのユニット ” 天体” では作曲、ガットギターを担当し、他には “amabeys!” “lavender pillow”においても精力的に活動する。現在、天体の音源をレコーディング中、自身のレーベルの始動を計画中です。
http://matsumototomohito.blogspot.com/

DJ:
ELMA (from 鳥取)
地底紳士
kazuto yokokura

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。