2015年01月18日(日) Correspondence#5 ~ 0g [ zero-gauge ]

011815_correspondence
open 17:30 / start 18:00
1500yen(inc 1drink)

Correspondence第5回は0g-art zineそして0g-webで尖端音楽情報を発信している0g[zero-gauge]を特集いたします。

第一部では昨年12月にオープンした0g[zero-gauge]webに関して運営スタッフの久保田利文よりサイトの紹介と購読のご案内、そして阿木譲氏をお招きし、0g-web立ち上げの経緯、意義、今後の展開等をお話しいただこうと思います。また阿木譲氏によるブリコラージュも体感いただけます。

第二部では0g[zero-gauge]zineを阿木譲氏とともに発刊されているグラフィックデザイナーの秋山伸氏をお招きし、0g-zineにとどまらず氏が発刊されている本、デザイン、音楽、音楽とデザインの関連性になどについてCorrespondenceメンバーがオーディエンスという立場からトークしたいと思います。

出演:
AGI Yuzuru ( 阿木 譲 )
agi
評論家 / 編集者 / プロデューサー

2013年12月24日にはデザイナー / アーチストの秋山伸氏と共にアートジン[ 0G – zero g]を発刊。
2014年1月24日に東京現代美術館 contentで開催されたFRUEに出演。
2014年4月19日に六本木Super Deluxeで「0g night “DO BLOOM IN THE SILENCE”」を開催。
そして0g nightの最新エキシビション&ライブ&トークとして8月2日から9月6日の間、六本木のhiromiyoshii にて[con/cretism]を開催し、その場で[0g_02.5 “CON/cretism]を発表。
9/6に開催された[con/cretism]のクロージングイベントでは椹木野衣氏(美術評論家/多摩美術大学教授)と共に「 批評家の死 / ロックの死 」というテーマでとの対談する。
2014年12月20日六本木スーパーデラックスでFRUE主催のイヴェントでSvreca、Vargと共演。
そして2014年12月に新たなブログ[0g zero-gauge]を公開する。

秋山伸│あきやま・しん│グラフィック・デザイナー
akiyama_port_1108
東北大学建築学科卒業。東京藝術大学建築専攻修了。
90年代より芸術・デザイン・批評に関するグラフィックを数多く手がける。
2010年末、東京から故郷の新潟に移住し、自社edition.nordをベースにデザイン・出版活動を続けている。
http://akiyamashin.jp/
http://www.editionnord.com/

石立 敏保
ishidate
70年代KBS近畿放送の「ファズ・ボックス・イン」というラジオ番組で阿木譲氏を通してジャーマン・プログレッシブ・ロックと出会う。以降ロックマガジンを通じPUNK,NWやテクノポップ、氏が設立したヴァニティ・レーベルの音に触れる。
2006年退職後、阿木譲氏のブログの存在を知り再び先端音楽に触れ初め、2012年大阪阿波座のnu thingsオープンの時、初めて阿木譲氏と対面する。また退職後、現代美術に傾倒。
◎2010年、彫刻家中ハシ克シゲ氏「水のゆくえ~連鎖する水音」(京都国立近代美術館)の公開制作ボランティアとして参加。
◎木津川アート2011、木津川アート2012にボランティアスタッフとして参加。
◎2012年、現代美術家岡本光博氏の「バッタもんのバッタもんブロジェクト」に参加、出展。
◎2013年、nu thingsにてカッティングアーチスト、亀井麻里とのイベント“ENGRAVEー刻み込むー”を主催。
◎2014年、nu thingsにてテキスタイルアーティスト、マツムラアヤコとのイベント“ZWEITE HAUT”を主催。

久保田利文
kubota_pro
95年 岐阜大学教育学部美術工芸学科卒業。
98年4月 個展(アートドラッグセンター 愛知県犬山市)
99年5月 個展(ウェストベスギャラリーコヅカ 愛知県名古屋市)
99年6月~7月 グループ展QUEER vs GUY展 出品(アートドラッグセンター 愛知県犬山市)
00年9月 個展(ウェストベスギャラリーコヅカ 愛知県名古屋市)
Ambient、Minimal Dub好きが高じて昨今の尖端音楽に急接近。大いに刺激を受け、再び新たな空間表現を模索中。

松本和史 | Kazuhito Matsumoto
image1
1984年大阪府生まれ。IAMAS 情報科学芸術大学院大学 メディア表現研究科メディア表現専攻 修了。メディア芸術を考察しながらカセットテープレコーダーを用いて一人で輪唱ができる装置や、コンクリート・ポエトリーと呼ばれる図像的に文字を用いた詩表現などの作品発表を行なっている。音楽は Z-Z 言語「ウ」の Vo. を務めている。 /* Link on Dig. */ ≫ http://bit.ly/1y7RMWT

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。