2015年04月26日(日) SOUL PREACHER 2015 vol.2

042615_sp_web
start 18:00
2000yen(inc 1drink)

SOUL PREACHERとは、electric harmonixより70年ごろ製造されていたギター用equipment。音に張りを与える、音を引き伸ばすなどの効果がある。
本eventは、HIPHOP・歌などを主に、その他あらゆるジャンルの表現を通じ、世に対しattitude表明をする者どもの集い。on 2015
今回のテーマは”atitude”に加え”passion”です
sessionタイム有り。出演者常時募集中!masataka0117jp@yahoo.co.jpまで

ACT:
長野雅貴(guitar)
nagano_mono
ギタリスト。←Nodal Point→主催。
実験的グループN.O.Nでの活動を経て、ソロ活動を開始。
2014年、アルバム「、を打つ」をリリース。
企画ライブ<結節点>は47回をもって終了したがその後も神出鬼没的に活動を続ける。
現在は2枚目のsoloアルバムを製作中。

MC.NAKKA
nakka_mono
2003年より地元神戸でRAPを始め、クラブイベント等への出演を経て、フリースタイル(即興)に傾倒する。
2008年、三宮パイ山でのサイファー(ラッパー同士の即興のやり取り)を通じてオーストラリア人ラッパー、MC D-WOLFと出会い、翌年2009年春、三宮のbar Trinity にて、クラブイベント”KOBE CYPHER MEN”を共にオーガナイズし、様々なジャンルの音楽とヒップホップをリンクさせる。
2010年、箱でのイベントは幕を閉じるが、その延長として毎週末パイ山にて電池駆動オンリーの単独live”KOBE CYPHER MEN outdoor”をスタートさせ、路上で様々なラッパーやミュージシャンの飛び入り参加を呼びかけ、数々のsessionを繰り広げる。
2014年夏、自身初となるアルバム”BEFORE THE JUDGEMENT”を自主制作でリリース、それと平行して路上での活動を続けている。

花房あゆむ
神戸BIG APPLEでの先端音楽実験会での即興sessionを機にVoでの表現を模索するようになる。
戸川純、平沢進を愛聴。

わんぱく清水
京都在住
アコギ一本でロックンロールをかき鳴らす
2013年ルースターズのギタリスト花田裕之氏のオープニングアクトを務める
2014年元mojo clubで忌野清志郎氏のギタリストを務めた
三宅伸治氏のオープニングアクトが決定
弾き語り革命 最後の野良犬 わんぱく清水

廣樹輝一
ピアノ、尺八、箏、うた、他。即興演奏と作曲。
プレステ「バイオハザード」、ファミコン「アキラ」などのゲーム音楽をつくりましたぁぁぁ。
キンキキッズ、V6、水樹奈々などのための作曲、アレンジ、リミックスをしましたぁぁぁ。
今回はキーボードで歌を披露

野田雄太
18歳でギターを始め、インストバンド「れえんこおと」を某大学のサークルで結成。様々なイベントに出演するも休止を経て2013年より3ピースインストバンド「atuiso」の活動を中心にソロも行っている。趣味はカレー作りであり、まあまあストイックに取り組んでいる模様。

daigo
DJ&Dr。
長年のDJ経験を経て、ここ数年は演奏・制作方面での音楽活動を開始する
類まれなる審美感/センスを持ち、閉塞したシーンの状況を破事を期待させる存在

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。