2015年09月12日(土) 長野雅貴presents 『Momente』scene2 -on(n) MILKLOTUS “strings of voice”release LIVE

091215_milk
open 19:00 / start 19:30
2000yen(inc 1drink)

≪総合音楽への可能性、端緒すら感じさせる≪モメント形式、不確定性、多義性≫の果敢による「音づれ」。≫
即興/実験?、否。表現の新しい地平。and、& ”契機”。
『Momente』は長野雅貴が主催する ”結節点i!”に続く新たな音楽concertシリーズ。
scene2 は 声の表現者MILKLOTUSのアルバムreleaseの日。関西を代表するimproviserらとのsessionを予定
guest枡本航太さんの演奏にも注目が集まる

LIVE:
枡本航太(歌、ギター)
移住と旅を繰り返すコスモポリタンミュージシャン。
ざらつきながらも染み入るような独特の声を持ち、日本語による詩世界、ギター、ピアノ、と柔軟に変化する演奏と唄はときに「チャントのようだ」とも称される。
長年のツアー生活により日本列島100箇所以上の場から、
ヨーロッパ、東南アジア、韓国、台湾にいたるまで、様々な文化圏の土地の人々へ 独自に育まれた音楽がひろがりをみせている。
近年は年に10本にいたる公演を行う等、韓国 台湾など東アジア地域での活動へも情熱を注ぎ
Good Musicを求め続ける人達へと貢献し続けている。
http://masumotokota.tumblr.com/
https://m.youtube.com/watch?v=a_6uD_GTlmk

MILKLOTUS(voice,efects)
milk
女性の血液ともいえるミルク。
そこから咲く泥花という意味で命名。
其処で鳴る花(作品)は、愛か癒しか、はたまた業か毒か。
感情の編み出す旋律を丁寧に楽曲に起こす。
また、近年は即興での演奏パフォーマンスも好んで行う。
声の楽器としての可能性を探るべく、音楽的アプローチとエフェクターを用いての実験的なパフォーマンスを行う。
http://www.milklotus.com

木村文彦(打楽器)
kimura
高校の頃よりドラムを始め、20代には 故 河瀬勝彦氏、30代で つのだ☆ひろ氏に師事。
2011年よりドラマーからソロ打楽器奏者に転向。
2012年には宮本隆プロデュースのもとファーストアルバム『キリーク』を発表。音楽各誌より好評を得る。
独自のセッティングに様々な打楽器を加えて透徹の響きを追求。

前垣友紀(大正琴)
maegaki
大阪音楽大学短期大学部卒業。
大正琴講師を務める傍ら、“大正琴の魅力を、世代・国・ジャンルの垣根を越えて伝える”を目標に演奏活動を行う。
オリジナル奏法にて古典・クラシック・ポップス・ジャズ・現代音楽の即興演奏に挑戦、
これまで欧米や韓国、インドを訪ねて学校や老人ホーム、スラムでも演奏。

地案(舞踏家)
chian
「肉体、精神を危機に晒す」
不思議な魅力を放つ地案の舞踏は、唯一無二であり力強く緩やかで繊細かつしなやか。
動かないはずの箇所の肉体が躍動し動く。
強い信念を持ち踊り続ける。自由奔放で常に挑み続ける姿は人々を魅了する。
年間ライブ本数多数。数々のアーティストとも共演。PVやテレビへの出演もこなす。
日本全国活躍中。今後活躍の場を世界へ。

あうんともこ(dance)
aun
ダンス配達人。健康運動指導士。
マイムを入り口に身体表現に目覚め、コンテンポラリーダンスの世界へ。食う・寝る・ダンスで生息中。見慣れた空間がダンスでねじれていく瞬間が大好き。お客様と戯れながら人とダンスと空間を繋ぐ試みを行っている。人生折り返し地点を過ぎ、カラダを動かす心地よさを人々に伝えながら余生を過ごそうと目論んでいる。
http://tomokoko.petit.cc/

ORGANIZER:
長野雅貴
hqdefault
nodal points主催。ミュージシャン見習い

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。