2016年02月10日(水) ATOMIC 2016 JAPAN YOUR

ATOMIC-flyer-2
open 19:30 / start 20:00
adv 4500yen / door 5000yen(each inc 1drink)

LIVE:
ATOMIC
atomic
are
Fredrik Ljungkvist (reeds)
Magnus Broo (trumpet)
Håvard Wiik (piano)
Ingebrigt Håker Flaten (bass)
Hans Hulbœkmo (drums)

アトミックは2000年に結成されすぐさま2枚のスタジオのアルバムFeet Music (2002)とBoom Boom (2003年)を発表。耳の肥えたリスナーと各種媒体のミュージックレビューによって一躍シーンの話題をさらう存在となりました。
各プレイヤーが持つ力強いエネルギーを軸としながらも透明性のある美しいメロディーが特徴的な北欧ジャズの卓越した技巧に裏打ちされた豊かな表現力も同時に兼ね備えています。
当初は「北欧ジャズサウンド」の中では異色の存在だった彼らが現在ではECMなどのレーベルが「ノルウェーサウンド」として認知させるにしたがい、現在ではシーンを代表するグループとして活躍を魅せています。
アトミックは、あくなき探究心のもと、北欧からヨー ロッパジャズの特性を持ちつつ、アメリカのエネルギッシュなフリージャズも大胆に取り込んで、時に静寂と透明感に満ち、爆発的でありながら優雅な気品も携えた素晴らしいサウンドを披露してくれます。

圧倒的なテクニックにより楽曲と即興がスリリングに交錯するそのプレイはオーネット・コールマン、ジョン・コルトレーン等のUSフリージャズやエヴァン・パーカー等の欧州フリージャズ、即興などを融合させたジャズの現在進行形をリードする世界最高峰のバンド。
ジャズファンのみならず、ハードコア、ロック、メタル、ノイズ等のエクストリームミュージックを聴くのであれば是非一度彼らのライブを体感して欲しい!
ドラマーのPaal Nilssen-Loveが脱退しHans Hulbœkmoが加入してからは初の来日!
http://www.atomicjazz.com/

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。