2016年01月09日(土) 緊急開催!「追悼リスニング会 / ブーレーズとポールブレイ」

010916_paul
open/ start 16:00-22:00
500yen(inc 1drink)

今年1月に相次いで急逝した音楽界の巨人2人、
Pierre Boulez(Contemporary music,Conductor)と、
Paul Bley(Jazz,Free Jazz Piano)

彼らはジャンルは違えど、音楽の前衛活動を推し進め、素晴らしい作品を残しました。
称賛されるだけでなく、状況に対する反発、批判をし、自らも批判にもさらされ、音楽の世界に多くの問題提起を投げかけたことでも共通します。亡くなった事により色んな意味で波紋を呼ぶ状況の中、彼らの音楽に触れ、音楽について考察の機会をと思い、場を設けました。音楽について語らいましょう。

お客様のCD持ち込み歓迎。
ブーレーズ指揮作品やポール・ブレイ関連人脈(カーラ・ブレイ等)の音源お持ちの方は持ち込んで自由にプレイしてください。

ブーレーズCD担当:
ぽこぺん
写真と音楽(ジャンル色々)が趣味です。
https://twitter.com/ogakohlin

ポール・ブレイCD担当:
尼崎死。AmagasakiDeath(4/4 Quatre-Quarts)
中世教会音楽とか聞いてる人。
https://twitter.com/AmagasakiDeath

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。