2016年03月05日(土) nouon KUU tour 2016

030516_nouon2

030516_nouon
open 18:30 / start 19:00
adv 2500yen / door 3000yen(each inc 1drink)

LIVE:
Nouon
nouon
日本、米国、英国の奏者からなる新たな音楽グループ。
ユニークな楽器編成とサウンドの組み合わせ、オリジナル楽曲は独自の音楽世界を表現している。ファーストアルバムのレコーディングとプロモーションを支援するドネーションを実施、リスナー及び支持者からの協力により10月25日『KUU』をリリース。
are
山田あずさ Azusa Yamada:Vibraphone
ケビン・マキュー Kevin McHugh:Fender Rhodes
ヒュー・ロイド Huw Lloyd:Contrabass Clarinet
山本淳平 Junpei Yamamoto:Drums
http://www.nouon.net/

西 滝太(PARA/dantefone) × MAYUKo(CROSSBRED/SYNTH SISTERS)
http://youtu.be/i5rbxZH8cq4
「螺旋状に連なる音が見えない惑星の調律を奏でる。その音は聴く者を旅へと連れ出し、様々な景色はスペーシーな風に乗り、体感者達を魅了する。ミニマルでありながらその波と流れは 宇宙的拡がりを感じさせ∞(無限大)の円を描く。
繰り出される会話と音の渦、その予測無限なセッションはまさに、Parallel-並行とParadox-逆向が紡ぎ出す、静寂の淵のサウンドスケープ」comment by DNT(NewtoneRecords)
are
西 滝太
nishi
”PARA”のSynthBass,Keyboard奏者。”dantefone” ”Vermilion Sands”でも活動する他、初期”想い出波止場”のボーカリスト、ケンスギサキ氏の”ケンスギサキバンド”での活動も活発化。また山本精一プロデュースによる3rdアルバムが話題となったシンガーソングライター 柴田聡子のレコーディング/ツアーにも参加。年男。

MAYUKo
mayuko
女性デュオCROSSBRED/SYNTH SISTERSをメインに独自の宇宙観で数多くのセッションライブと音源をつくるシンセサイザープレーヤー。
90年代後半より活動開始。
年間60本程のライブと年1ペースでの音源リリース。
メインユニットのアルバムに加え、オムニバス参加。
セッション音源はpulsemanとによる”LIEBE”。西滝太(PARA)とによる”PARAPHONE”。タブラ奏者の広本雄二,エレキシタール奏者8000(XOYO),サウンドデザイナーKABAMIX(LMD)とによる”COSMOSIGN”。
ChillMountain主催Gr○un土の1stアルバム”Vodunizm”に参加しツアー同行。最新の音源は家口成樹(PARA)とEnitokwaによる”Kruispunt”を2015年リリース。また2016.2.8発売のEnitokwaの15年ぶりとなる最新アルバムにも参加。

時弦旅団 Time Strings Travellers
jigen
結成20年のジャズロックグループ。2011年にリリースした「Defreezed Song」以来のアルバム制作を準備中。
are
植島伸哉 Ueshima Shinya:guitar
ジェーム・スバレットJames Barret:trumpet
宮本 隆 miyamoto Takashi:bass,sampler
山浜光一 Yamahama Kouichi:drums
http://www.jigen-p.net/artist/jigen_ryodan

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。