2016年05月05日(木) ナスノミツル solo live

050516nasuno1 050516nasuno2
open18:30 / start19:00
2000yen(+drink)

tenelevenのリーダーであり、国内屈指のエレクトリックベース奏者、即興演奏家であるナスノミツルによるソロライブ。今回はPARAのkeyboard奏者、西 滝太、Djamraのリーダー、中来田 正晴とのセッションも実現した。

ナスノミツル Mitsuru Nasuno (electric bass, electric devices, effects)

Special Guest
中来田 正晴 Masaharu Nakakita (electric bass from“Djamra”)
西 滝太 Ryouta Nishi (synthesizer,electronics from”PARA”)

Front act
宮本 隆 Takashi Miyamoto (electric bass,sampler)
古川 正平 Syohei Furukawa (electronics)
豊永 亮 Akira Toyonaga (guitar)

Visual art performance
松本和史 Kazuhito Matsumoto

ナスノミツル (electric bass, electric devices, effects)
nasuno
アルタード・ステイツ、Ground Zero、サンヘドリン、不失者、ウンベルティポ等、数々の先鋭的なグループに参加するナスノミツルは国内屈指のエレクトリックベース奏者で即興演奏家でもある。2009年に結成したリーダーバンドtenelevenでは精神性に満ちた独自の音楽世界を開花させた。また、ソロ演奏活動や映像のササキヒデアキによるユニットであるprotoを2014年からスタート。2015年にはソロアルバム「Rain maker 」を時弦プロダクションからリリースし、11月に関西圏での初めてとなるソロライブを実現した。今回はDjamraのリーダー、中来田 正晴(electric bass)、PARAのキーボードプレイヤー、西 滝太(synthesizer)というナスノミツルの関西圏でのゆかり演奏家とのセッションも行う貴重なライブとなる。

西 滝太 (synthesizer)
nishi
”PARA”のsynth-bass,keyboard奏者。
”DANTEFONE”、”VERMILION SANDS”、”ケンスギサキバンド”でも活動する他、
昨年はssw”柴田聡子”のレコーディング、ツアーにも参加。soloライブも行う。

中来田 正晴 (electric bass)
nakakita
“Djamra”のリーダー、E-Bass奏者。
パンク、メタル、ファンク、フュージョン等様々な音楽に関わり、とにかく色んな音楽混ぜまくってやろうと1994年にDjamraをスタートさせる。Djamraの中心となりつつ個人としてもベーススキルを上げる為ラテンやジャズ等も日夜独学しつつ、現在はDjamra活動に加えその音楽性とは真逆のポップスサウンドのベーシストとしても活動している。

宮本 隆 (electric bass)
12825292_838155442955721_842004246_n
リーダーグループである時弦旅団、3mirrors(with木村文彦、石上和也)での活動の他、さまざまな即興演奏の活動を行う。時弦プロダクション主宰。現在、豊永亮とチャールズヘイワードのデュオアルバムを製作中である。

古川 正平 (electronics)
noise_mono
兵庫県在住のサウンドプロデューサー、[TECHNOSICK]主宰。
90年代のテクノ、インダストリアル、ノイズ等に影響を受け楽曲制作を開始。ミクスチャーロックバンドのサポートDJを経て2006年に活動休止する。2012年、S.F.NoiZe名義で音楽活動を再開。制作音源「Breakaway」のMVがイギリスの音楽専門誌「NME」ウェブサイトに掲載される。2014年7月、LEIER RECORDSよりNOiseOfHOspital名義でノイズ音源「QUIET ZONE EP」をリリース。現在はライブ活動を中心に自身名義でのノイズサウンドのほか、S-NOI名義ではフロア寄りのミニマルサウンドを展開している。

豊永 亮 (guitar)
toyonaga_mono
1992年pou-fouでメジャーデビュー,1995年ROMPに参加。F.M.N Sound factoryから「a moment on the air」をリリース。THIS HEATのCharles Hayward(ds)と度々、共演し日本での共演の記録はLocus Solusからリリースされた「escape from europe」、「near+far」(97)に残された。現在は名前のない京都の即興バンド、大阪のロックバンドthe Loud Bells、画家石田泰也との共演、ソロなどを並行して活動している。

松本和史 (visual art performance)
kaz&
1984年大阪府生まれ。IAMAS 情報科学芸術大学院大学 メディア表現研究科メディア表現専攻 修了。メディア芸術を考察しながらカセットテープレコーダーを用いて一人で輪唱ができる装置や、コンクリート・ポエトリーと呼ばれる図像的に文字を用いた詩表現などの作品発表を行なっている。音楽は Z-Z 言語「ウ」の Vo. を務めている。/* Link on Dig. */ ≫ http://analicear.com/

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。