2016年05月18日(水) inquisitio – … a.k.a. Nikola Mounoud Japan Tour 2016 –

051816_inquisitio
19:30-22:30
2000yen(inc 1drink)

LIVE:
… a.k.a. Nikola Mounoud (from Switzerland)
niko
サウンド・アーティスト、或いは音楽家。「. . . 」名義で創作活動を行うニコラ・ムヌーは、スイスのローザンヌで毎年開催されているフェスティバル「LUFF」(ローザンヌ・アンダーグラウンド・フィルム&ミュージック・フェスティバル)の主要な運営メンバーの一人であり、音楽部門プログラマー / 音響専門家である。彼の近年のコーディネーターとしての仕事は、2012年に東京で開催された「LUFF does TOKYO」という形で結実した。また彼は、ローザンヌで運営されている写真 / 映画ラボ「On fait du l’art 」の共同創立者の一人である。

近年は、アナログ/デジタル双方のフィードバックを探求する行為を自らのサウンドソースとして定めている「. . . 」は、そのライブパフォーマンスにおいて、停止させることが不可能な非コード音、皮膚感覚、弦や風のアコースティック音といった要素を無慈悲に音速で展開させるかのような表現に没頭している(それを成立させる電気供給が存続する限り)。どんな音楽家もそうするように数多くのサウンドウェーブと格闘しながら、ラップトップとアナログ・ミキサーの使用に基づいて行われる彼のライブ/作曲は、まるで炭坑の最深部から掘り起こされる最新の即興演奏そのもののようである。
http://ooo.meovco.com

中田粥 Kayu Nakada
nakata
2013年、サーキットベンディングの一種、電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を用い「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムに電子回路をショートさせる方法で演奏活動を開始。
参加グループ:《《》》(metsu)、相ieトtナ(略)、zzzt、そばうどん

盆と正月
bon
女の子2人のユニットです。

ミテイナリコ
narikomitei
2007年より、パソコン上で、音の出るフリーソフトを様々に使用し独自の音源製作を開始する。
2012年、メンヘルナイトというイベントにてDJデビュー。
現在は、ノイズインダストリアル、ノイズミニマルなどの独自の路線を模索中。
完成形を持参するため、DJをしないDJとしてブースに立っている。

DJ:
Yasunobu Suzuki
suzuki
パンク、ハードコアなどのバンドサウンドをルーツにレベルミュージックとしてのノイズ、インダストリアルを追求している。
不羈独立、DIY精神を活動の根源とし、多種多様なジャンルを独自の感性で集約した彼のDJは、聞き手の感情を揺さぶるような不思議な説得力に満ちている。

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。