2016年08月06日(土) TECHNOSICK

080616_technosick
15:00-20:00
charge free(drink fee only)

不定期テクノイベント、TECHNOSICK
今回は昼の15時から始まります。なぜなら昼から飲みたいからです。終わってからも飲みにいきたいからです。でも徹夜したくないからなんです。

さて、今回はS-Noiがゲストに宮本隆さんをベースに迎えライブします。Masaru Saitoは久しぶりにモジュラーをもってきてライブするらしい。Kenji Ooyaは仕事帰りに遅れてくるらしい。という内容でございますので、是非お越しくださいませ。

LIVE:
TAKASHI MIYAMOTO + S-Noi
宮本 隆 (electric bass)
12825292_838155442955721_842004246_n
1985年より東京で様々なインディーズバンドで活動開始。
95年、大阪でジャズロックグループ、時弦旅団(Time Strings Travellers)を結成。
99年の3rdアルバム「still songs」(地底レコード配給)のリリース後、演奏活動を休止していたが、2011年「defreezed songs」で活動再開。
同時期、木村文彦の作品「キリーク」をプロデュースしたのがきっかけとなり、CD制作レーベル時弦プロダクションとして活動を活発化させ、「existense」(磯端伸一with大友良英)、「火の環」(シェシズ)を発表。リーダーグループとして、時弦旅団の他、3Mirrors(with 木村文彦、石上和也)があり、他に即興を主体とした様々なユニット、あるいはソロでの即興演奏活動も行っている。
http://www.jigen-p.net/miyamoto-takashi

S-NOI
snoi
兵庫県在住のサウンドプロデューサー。
90年代のテクノ、インダストリアル、ノイズ等に影響を受け楽曲制作を開始。ミクスチャーロックバンドのサポートDJを経て2006年に活動を休止する。
2012年音楽活動を再開。S.F.NoiZe名義での制作音源「Breakaway」MVがイギリスの音楽専門誌「NME」ウェブサイトに掲載される。
2014年7月、LEIER RECORDSよりNOiseOfHOspital名義でノイズ音源「QUIET ZONE EP」をリリース。
現在はライブ活動を中心にフロア寄りのミニマルサウンドを展開する一方、演奏家や舞踏家など様々なアーティストとのコラボレーションを展開している。

Masaru Saito
saito
(Different10, Parusmusic, Bamboo)
1990 年代より音楽を制作開始 影響を受けた音楽は ymo, 808state, the orb, basic channel, snd lusine など
神戸・大阪でイベント Bamboo を主宰する
2010 年末からレーベル Different10Parusmusic をスタート

DJ:
Kenji Ooya
ooya
ずーっと前からミニマル-テクノDJをやっていて、イベント主宰したり、サイコテクニカというユニットを組んで活動したりした。常に雨雲を運ぶ恐怖の雨男。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。