2016年10月23日(日) Oko Japan Tour 2016

102316_oko
18:00-
2000yeninc 1drink

LIVE:
Oko
oko2
are
Olga Nosova (percussions, voice and electronics)
Alberto Cavenati (guitar and electronics)
ユニット名のOKO(オコ)とはスロベニア語の慣用句の「目」を意味する古代語であり、ロシア出身のオルガNosovaとイタリア出身のアルベルトCavenatiからなるデュオでベルリンを拠点に活動している。
世界中の民族音楽に関心を示し、彼らはそれらの膨大な量の調査に基き、即興の構成に組み合わせる手法を選んでいる。オルガは、ロシアとヨーロッパ即興音楽シーンの中でノイズ、実験からelectro-acousticとフリージャズに至るまで幅広く活動し、ペーターブロッツマンPeter Brotzmann等、多くのミュージシャンと共演している。
また、実験的なデュオAstma(with Alexei Borisov)のメンバーでもある。アルベルトCavenatiは12歳でギターを演奏し、ロックギタリストとしての活動を経て主にジャズ音楽に焦点を当てる演奏に変化してきた。
https://soundcloud.com/alberto-cavenati/sets/oko-demo-japan-tour/s-rGzXr

kazuto yokokura
yokokura
テクノとの出会いにより、音楽をよく聴くようになり、制作も志すようになって今に至る。 感情表現というよりも、音による空間の構築に重きがあり、その時々で面白いと感じる音を取り入れながら、活動を続けたいと思っている。
https://soundcloud.com/kzt-ykkr

DJ:
Yasunobu Suzuki
suzuki_0g
パンク、ハードコアなどのバンドサウンドをルーツにレベルミュージックとしてのノイズ、インダストリアルを追求している。
不羈独立、DIY精神を活動の根源とし、多種多様なジャンルを独自の感性で集約した彼のDJは、聞き手の感情を揺さぶるような不思議な説得力に満ちている。

Alice
alice
大阪を拠点に活動するDJ。
ダブステップ、エレクトロニカを始めとするダーク且つインテリジェントな音楽を追究している。
インダストリアル・テクノに焦点を当てたパーティー「modect ~Subtle Tech Music Space~」を主催し、過去にはStar Festival、Go!Villageなどの大型イベントや、Silkie、Ultrademonなどの来日公演に出演。
ネットではミックステープシリーズ「Step Into Wonder」を配信し、2015年1月には「I Want To Drown In Your Voice」を発表した。
http://osakaalice.blogspot.jp

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。