2016年12月16日(金) duenn INN tour

121616_duenn
open 19:30 / start 20:00
2000yen(inc 1drink)

LIVE:
duenn
duenn_%e6%a8%aa
サウンドプロジェクト。コンセプトは無の追求。カセットレーベル「DUenN」主宰。国内外の先鋭的なアーティストの実験的な作品を多数リリース。福岡在住。
http://duennjp.tumblr.com/

KENTARO HAYASHI
kentarohayashi2
1990年代末よりアブストラクトの世界に傾倒し、トラック制作を始めINDICARDAのメンバーとして活動を開始。 LAの若手映画監督の作品やドキュメンタリー映像、企業サイトに楽曲を提供。 2003年よりDJ活動を開始しクリック、ミニマルハウスを経由し、現在はインダストリアルテクノ、ノイズ、ダークアンビエントへと深化。2014年よりenvironment 0g [ zero-gauge ]にて尖端音楽を中心としたイベントSUBSTRATUMを主宰。

orhythmo feat. MAYUKo
orhythmo_feat_MAYUKo_mono
2005年、味園DOCOREで行われたプログレナイトでお互いバンド編成にて共演し知り合う。
後 orhythmoソロにMAYUKoがフューチャリングし、これまでにTRIANGLE、CONTORT、MOMURAG、PANORAMA、SAFARI、BLUE STONEなど不定期に即興ライブで鳴らしている。
are
orhythmo
hardcore punkを音楽的出自とするFLUXによるベースソロユニット
atmospheric coldest drone ambient… pushed in to the darkness world…
noise artist[Guilty C.]、DJ ooshima shigeru(S.I/mobbin hood)率いる[DUB MAGAS FROM BEIRUT]の作品への参加や、brutal noise beatdown band [she luv it]、grind core band [RED]、吉田ヤスシ(bonnanzas)+西滝太(PARA)+pulseman(ALTZ.P)とのダンスフロアに特化したサウンドを鳴らすユニット[DANTEFONE]にも在籍。また東心斎橋の最終処理場こと[atmosphare]の主でもある。

音源
Larzum vs orhythmo – Nostradamus 1999 / Ein Requiem Fur Sie (split CDr) 2008
orhythmo – winter/seiren (CD) 2015

参加作品
Guilty C. – Ikomayam Stars’ N’ Nishinari E.P. (7″EP) 2009
dub magus from beirut + orhythmo – killer atmosphere (CD) 2012
orhythmo × coup d’etats × Torary http://youtu.be/KTKPPP57vO4
RED http://youtu.be/P9cUkrWJ5Tk
she luv it http://youtu.be/XqocKGGdstA
orhythmo http://md-a.pia.jp/pia/artists.do?artistsCd=C5220001

MAYUKo
(CROSSBRED,SYNTH SISTERS)
CROSSBREDで長期にわたり活動、数多くのセッションと、SYNTH SISTERS, PARAPHONE, COSMOSIGNなど多数作品を残すシンセサイザープレイヤー。
90年代後半よりライブ活動開始。
最大差20歳上のメンバーのバンドに加入しシンセサイザーを始め、即 日本各地&アメリカツアーへ行く。
フィルタープレイを経て2003年10月 15歳からの友達であるRie Lambdollとのユニット”CROSSBRED”を結成し国内外で活動。海外でも多数の音源をリリース。
並行し様々なアーティストと即興セッションやサポート参加も行う。
2007年 ”SYNTH SISTERS”密かに活動開始。
2010年02年間 PARAのキーボーディスト 西滝太と ”PARAPHONE” 名義で音源をリリースし数十本のライブを行う。
同年 ”COSMOSIGN”オーガナイズ。
シタール奏者8000(XOYO)、タブラ奏者 広本雄二、サウンドデザイナーKABAMIXとによる”COSMOSIGN SESSION”がCOSMIC LABよりライブ音源リリース。
2013年 pulsemanとのライブ音源”LIEBE”をリリース。
LOS APSON の年間チャートに入選。
2014年 ”SYNTH SISTERS”名義では初CD ”aube” をリリース。
70年代シンセプログレ感漂う内容。2人にとって思い入れの深い大先輩 故AUBE中嶋昭文氏へのオマージュ的作品。
2015年 chill mountain主催者 Gr○un土の1stアルバムVodunizmに2曲参加 4/4リリース。
現在 CROSSBREDで結成11年目の活動となる。
過去のセッションライブ
灰野敬二、一楽義光(ドラびでお)、山本精一、楯川陽二郎(BOREDOMS/花電車)、JOJO広重、FERNANDO KABUSACKI、中屋浩一(NASCA CAR)、西滝太(PARA)、和泉希洋志(aSymMedley)、Yoshitake EXPE、家口成樹(PARA)、ENITOKWA、8000(XOYO)、pulseman、orhythmo、高山シン(FRAMTID)、DPLMN(DAMAGE)、CazU-23(TURTLE ISLAND)、Gr○un土(chillmountain)、NANA(ex日本脳炎/LAB CRY)、青野忠彦(宮武BONES)、沖至、川崎知(あぶらなぶり/DeepCount)、蛯原幹生(あぶらなぶり)、HELICOID0222MB、PIKA☆(exあふりらんぽ)、トンチ、呉山夕子(water fai)、Emile(白檀)、豊田奈千甫、aMadoo、テライショウタ(NICE VIEW、Gofish)、村上ゴンゾ(ex LAB CRY)
…more
CROSSBRED http://youtu.be/vJxZidsweJU
SYNTH SISTERS http://youtu.be/McBTvhyEwv0
pulseman × MAYUKo http://youtu.be/XkM_Z5LPho0
PARAPHONE http://youtu.be/i5rbxZH8cq4
COSMOSIGN http://youtu.be/44tZ5PpNP14
SYNTH SISTERS – aubehttp://www.newtone-records.com/index2.php?id=n_t0066997
CROSSBRED – ancient love / KAMA SUTRA http://punx.exblog.jp/13330866/
CROSSBRED 2004-2007 discography (海外リリースCDR) http://www.discogs.com/artist/364044-Crossbred

Molecule Plane
ohtsuka
京都府出身の音楽家Yuki Ohtsuka(大塚勇樹)による音色と音響の探求に特化したプロジェクト。
現代音楽シーンの若手作曲家に対する「音色の力に頼り過ぎている」といった批判、或いは膨大な音色でカオスなビートを構築する昨今のクラブ・ミュージックシーンに対するカウンターとして、2014年にスタートさせた。
「強固に作り込まれた音色が持続し、重なり、絡まり合い、時に美しく、時に異様な音響として空間に現出する」というそれ自体を音楽表現の為の手段ではなく目的と定められ、また音楽としての構造も全てそれに追従するただの機能でしかないとさえ考えられている作品群は、これまでに多層化空間音響システム「アクースモニウム」による演奏やインターネット配信などを通じて発表されており、コアな電子音楽ファンから高い評価を受けている。
本名でのアクースマティック作家としての活動は、CCMC 2011で佳作、同 2012でのMOTUS賞受賞をはじめとして、近年ではヨーロッパの電子音響音楽フェスティバルやコンサート、ラジオ等でも作品が取り上げられている。
2012年に渡仏、MOTUS主催のアクースモニウム演奏法の講習会に参加し、ジョナタン・プラジェ、オリヴィエ・ラマルシュ、檜垣智也各氏に指導を受ける。
別名義「Route09」ではクラブ・ミュージックやエレクトロニカ、ノイズのイベントに多数出演し、Seiho、Eadonmm、Ametsub、Vladislav Delay等と競演したほか、国内外のレーベルから作品を発表。
エレクトロニカ・アーティストimaとのユニット「A.N.R.i.」では、京都の老舗電子音響レーベルshrine.jpよりフルアルバム「All Noises Regenerates Interaction」を2013年にリリースし、東京・六本木 SUPER DELUXEにて行われた東京都主催のイベント「Sound Live Tokyo Fringe 東京都初耳区」に灰野敬二、鈴木昭男両氏らと共に出演を果たす。
マスタリング・エンジニアとしてもネット・レーベルを中心に多数の作品を手掛けているほか、アクースモニウムやライヴ・エレクトロニクス作品の上演に於ける音響エンジニア、企業のCMやスマートフォン用アプリへの楽曲提供など活動は多岐に渡っている。
近年ではガジェット機材やノイズ・シンセサイザー、ノイズ・エフェクター、ユーロラック・モジュラーシンセサイザー等のプレイヤー/コレクターとしての顔も持ち合わせており、プライヴェート・スタジオである「Push it! Studio」のアップデートにも日々余念がない。
2011年、大阪芸術大学大学院を修了し、修士号(芸術)を取得。
hirvi (ex.KAAG)、synkメンバー。日本電子音楽協会会員。
http://push-it-studio.tumblr.com

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。