2017年02月17日(金) HARD TALKING M/S “Masaru Saito talks about TECHNO”

021717_ms
19:00-
1000(inc 1drink)

始まりは2017年1月15日。ソーコア・ファクトリーの電子音楽イベントでのこと、
一観客として居たマサル・サイトウと尼崎死。

両者がテクノ雑談をしていたときのことです。

突然、

「尼崎さん、テクノについて語りませんか!0gで!俺、テクノについて語りたいわ!!」
サイトウさんがと訴えてくるではありませんか!

それを受けて両者はテクノの未来に向けて、即、イベント開催を誓い合ったのだった。
(一部捏造。一部真実)

0gが誇るテクノ・マイスター、ダブテクノ・ショウケース、テクノシック主催のマサル・サイトウはいったいどんなテクノへの熱き思いを語るというのか!
当日は熱きテクノ愛に満ちたテクノ学を開陳!!
同時にマサル・サイトウが所有するお宝テクノ・ディスクをプレイ!!
日本に住むテクノの民は全てこの日、environment 0g [ zero-gauge ] に集結する。

テクノ語り& DJ:
Masaru Saito
saito
(Different10, Parusmusic, Bamboo)
1990 年代より音楽を制作開始 影響を受けた音楽は ymo, 808state, the orb, basic channel, snd lusine など
神戸・大阪でイベント Bamboo を主宰する
2010 年末からレーベル Different10Parusmusic をスタート

テクノ語られ:
AmagasakiDeath & 会場にお越しになった皆様
(4/4 Quatre-Quarts, HARD LISTENING P/B)
47歳で0gにてクラブ初体験後、3ヶ月後に初イベント「お盆に聞く!中世教会音楽」を催す。
以後、雑音楽好きイベントを不定期開催。
常に金欠。

3月に0gをECMだらけにする「ECMナイト」を開催予定。
そっちも来てね!

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。