2017年04月01日(土) STEFAN SCHNEIDER  MIKI YUI DADARHYTHM

040117_stefan
open 19:00 / start 19:30
adv 2000yen / door 2500yen(each exclude 1drink)

LIVE:
MIKI YUI
miki
ミキ・ユイは東京出身、デュッセルドルフで活動する音楽家/美術家。 1999年のデビューアルバム『スモールサウンズ』以降、サウンドスケープ、微かなノイズ音、 電子音響などを使い、独特の繊細で有機的な音楽世界を紡ぎだしている。 コンサートでは、音と間を入り口として提示し、聞く者と深く音楽に入り込む場を共有する。 ソロ活動と平行してロルフ・ユリウスとの共作CDを発表。現在はリアリスティック・モンク名義でカール・ストーンとのデュオでツアーもおこなっている。
ノイ! NEU!、ラ・デュッセルドルフ La Duesseldorfのクラウス・ディンガーのパートナーであり、故人の最後のプロジェクトJAPANDORF参加、現在はクラウス・ディンガー・アーカイヴの管理を行っている。
2015年に5作目になるソロアルバム『oscilla』を自身のMYから発表。 現在英国Cusp Editionからリリース予定のアルバムを制作中。
www.mikiyui.com
https://youtu.be/8N7kOhSw9Vo

STEFAN SCHNEIDER
stefan
シュテファン・シュナイダーは90年代中期から、クライドラー Kreidler (1994-99)、トゥ・ロココ・ロット to rococo rot (1995-2015) の創始メンバーとして、mapstation名義のソロ作品、さらにハンス・ヨアヒム・ロデリウス Hans Joachim Roedelius (Cluster, Harmonia)、アート・リンゼイ Arto Lindsay、ビル・ウェルス Bill Wells、セント・エチエンヌ St.Etienne、ジョン・マッケンタイヤー John McEntire (Tortoise) や画家のカタリナ・グロッセ Katharina Grosseといった、名だたるミュージシャン/アーティストとの共作など、常に冒険的で独自の音楽世界をもって活躍している。
去年、日本のアンダーグランド音楽シーンと出会い、1982年にテレグラフ・レコードよりリリースされたNON BANDのデビューアルバムを自ら立ち上げた新しいレーベルTAL(タール)から4月に再発する。さらに秋にはStefan Schneiderとしてのソロアルバム、HACO (After Dinner) やYPY (EM Records)との共作をリリース予定。
3月から4月にかけて、ゲーテ・インスティテュートから助成をうけ、ミキ・ユイと共に来日する。
http://www.talmusic.com/
https://youtu.be/lrHtVhX0qcQ

DADARHYTHM
プリント
公式プロフィール 「二千八年に岡本右左無と山田厭世観で結成し、二千十一年より新今宮のンチチビルを公演拠点とするダダリズムは、リズム・メロディー・ロジックの三要素を主体とし、二人各各の主体から一つの客体的調和を創造する営みです。」
岡本右左無、山田厭世観のドラム/パーカション・デュオ。完全ノー・エレクトロニクスでありながら、ミニマル電子音響にも通じる無機性とトライバルな有機性が緻密にせめぎあうシンコペーション運動のタペストリーを創作。2015年に札幌リズム制作所からCD『客員十六名』、2017年にCD『RHYTHMELOGIC』を自主リリース。今回は複数のシンバルによる『イアドラム劇場』を演奏予定。
https://www.youtube.com/watch?v=fKnR-ZUW1JQ

企画制作: HÖREN  augen3000@yahoo.co.jp

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。