2017年06月10日(土) LIVE ambi-valance Tour 2017


open 18:15 / start 19:00
adv 3600yen / door 4000yen(each exclude 1drink)

LIVE:
福間創 / Hajime Fukuma

音楽家
1970年11月10日生まれ /大阪府出身。
– 1993
テクノポップ〜パンク・ニューウェーブからデトロイトテクノ以降のテクノムーブメントに強い影響を受ける。
80年代半ばからバンド活動を開始、当初はギターを手にしていたが、後にシンセサイザーやコンピューターといった打ち込み機器を導入する。

1994 – 2014
1994年からテクノポップバンド・P-MODEL、ヤプーズ、ケラ&ザ・シンセサイザーズといったグループで活動。
平行して2001年より、自身のユニットsoyuz projectを結成。
2014年11月、soyuz projectを解散。福間創ソロとして始動。

2015 –
2015年春、活動拠点を東京から京都に移す。
– 2015.07.07 ソロ初フル・アルバム「Flowers」リリース
– 2015.11.01 新機軸EPシリーズ「ambi-valance」リリース

2016 –
– 2016.05.01 「ambi-valance 2」リリース
– 2016.12.01 「ambi-valance 3」リリース

バックボーンである電子音楽をベースに独自のエレクトロ・サウンドを展開。既存のスペースにとらわれず、様々な場所でのライヴを企画し、その場所がもつストーリーや、空間から得るインスピレーションをライヴ演奏に反映している。
http://www.helios-phere.com/

中田 粥 Kayu Nakada

1980年、東京で生まれる。洗足学園音楽大学作曲科卒業。

サーキットベンディングをピアノの内部奏法の延長上にあるものと捉え直し、シンセサイザーやリズムマシンなど電子楽器数台分の剥き出しにされた回路基板を「バグシンセ」「bugsynthesizer」と名付けてリアルタイムにショートさせる方法で演奏や展示を行う。

2013年、東京の実験音楽シーンで活動。
2016年、拠点を大阪に移動。現在、アートスペースFIGYAの運営に携わる。

ディスコグラフィー
Kayu Nakada / 『A circuit not turning 』
KYOU RECORDS / KYOU-002 /2017

《《》》(metsu) / 1st album『《《》》』Flood/FLD-02/2015

《《》》(metsu) / 2nd album『Relay』doubtmusic/dmf-161/2015

————————-

Kayu Nakada
Born in Tokyo, 1980. Kayu Nakada graduated from Senzoku Gakuen College of Music composition department.

He plays it by a method to let a synthesizer and the circuit board of the rhythm box short-circuit in real time,perceiving circuit bending as being on the line that extends to the prepared and string piano.

2013, active in the experiment music scene of Tokyo
2016, move the base in Osaka.running member for art space FIGYA now.

Discography.
Kayu Nakada / 『A circuit not turning 』
KYOU RECORDS / KYOU-002 /2017

《《》》(metsu) / 1st album『《《》》』Flood/FLD-02/2015

《《》》(metsu) / 2nd album『Relay』doubtmusic/dmf-161/2015
http://www.kayunakada.com/

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。