2017年06月22日(木) Joke Lanz Japan Tour 2017


open 19:30 / start 20:00
2000yen(inc 1drink)

LIVE:
Joke Lanz (from Switzerland)

Turntablistとして活動するJoke Lanzは、機能のない言語に溶け込む自律的なサウンドセルを作成します。彼は無秩序な遊び心と儀式的な還元主義、大音量の傷、音の壁、ループ、騒音、声のモジュレーションなど、予期せぬ事態を伴うカットノイズと物理的なサウンドスケープを組み合わせる!
過去にShelley Hirsch, Christian Marclay, Olaf Rupp, Ken Vandermark, Lasse Marhaug, Jorge Sanchez-Chiong, Strotter Inst, Christian Weber, Charlotte Hug, Audrey Chen, Ute Wassermann, Peter Kowald, DJ Olive, Sophie Agnel, dieb13, eRikM, Martin Tétreault, Christian Wolfarth, Jonas Kocher, Mat Pogo, Kazuhisa Uchihashi, Vienna Radio Symphony Orchestra,等とコラボレーションする。
国際的に高く評価されているNoiseプロジェクト「Sudden Infant」で有名なジョーク・ランツは、25年以上にわたり世界中で作品を発表しています。スイスで生まれ、現在ベルリンを拠点に活動しているジョーク・ランツは、パフォーマンスとボディアートが即興と騒音を満たすボーダーで活動する最も多彩で深みのあるアーティストの一人である。

Turntablist Joke Lanz creates autonomous sound-cells that melt into a language free of any function. He combines ritual reductionism with anarchistic playfulness, atmospheric soundscapes with cut-up noise and physicalness with unpredictability: Massive scratches, walls of sound, grooves, loops, noises and voice modulations!

He collaborated with: Shelley Hirsch, Christian Marclay, Olaf Rupp, Ken Vandermark, Lasse Marhaug, Jorge Sanchez-Chiong, Strotter Inst, Christian Weber, Charlotte Hug, Audrey Chen, Ute Wassermann, Peter Kowald, DJ Olive, Sophie Agnel, dieb13, eRikM, Martin Tétreault, Christian Wolfarth, Jonas Kocher, Mat Pogo, Kazuhisa Uchihashi, Vienna Radio Symphony Orchestra, just to name a few.

Best known for his international acclaimed Noise project ‘Sudden Infant’, Joke Lanz is presenting his work since 25 years all over the world. Born in Switzerland and currently operating out of Berlin, Joke Lanz is one of the most prolific and profound artists working in the border zones where performance and body art meet Improvisation and Noise.

http://www.suddeninfant.com
https://www.facebook.com/pages/Sudden-Infant/169263813138593

GUILTY C.(ギルティ・シー)

1999年から活動を続けるドクロの使者/ライブ・エレクトロニクス奏者/音楽家。発振器や工作品、エフェクト・ペダルなどを使用して、ドシャ降りの音の雨や、超低域の淀んだ音の波など、異常な現象を音像化させて猛烈な空間を展開する。
http://gravity-swarm.sakura.ne.jp/

ヤマモトタカヒロ+中 琢爾
are
ヤマモトタカヒロ

特殊なターンテーブルのインプロビゼーション演奏を行う。プリペアドレコード、さまざまなオブジェクトをターンテーブル上で再生、カートリッジとアームによる増幅で音を即興的に構築する、その誤作動とコントロールと何か。

中 琢爾
naka
1978年生まれ。
ノイズ / 音響 / ミュージックコンクレートなどに影響を受けリード楽器やテープ / エフェクターなどのエレクトロニクスを操作/演奏する。
最近のリリースではTimOliveとのCD”TheNewAttractive”(em records)、Anne-F Jacquesとのカセット“Fuyu”(beartown records)などがある。
レーベルakuseku主催。
http://takujinaka.tumblr.com
http://www.akuseku.net

orhythmo
hardcore punkを音楽的出自とするFLUXによるベースソロユニット
atmospheric coldest drone ambient… pushed in to the darkness world…
noise artist[Guilty C.]、DJ ooshima shigeru(S.I/mobbin hood)率いる[DUB MAGAS FROM BEIRUT]の作品への参加や、brutal noise beatdown band [she luv it]、grind core band [RED]、吉田ヤスシ(bonnanzas)+西滝太(PARA)+pulseman(ALTZ.P)とのダンスフロアに特化したサウンドを鳴らすユニット[DANTEFONE]にも在籍。また東心斎橋の最終処理場こと[atmosphare]の主でもある。

音源
Larzum vs orhythmo – Nostradamus 1999 / Ein Requiem Fur Sie (split CDr) 2008
orhythmo – winter/seiren (CD) 2015

参加作品
Guilty C. – Ikomayam Stars’ N’ Nishinari E.P. (7″EP) 2009
dub magus from beirut + orhythmo – killer atmosphere (CD) 2012
orhythmo × coup d’etats × Torary http://youtu.be/KTKPPP57vO4
RED http://youtu.be/P9cUkrWJ5Tk
she luv it http://youtu.be/XqocKGGdstA
orhythmo http://md-a.pia.jp/pia/artists.do?artistsCd=C5220001

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。