2017年06月16日(金) HARD TALKING M/S ” Masaru Saito talks about TECHNO 3 “


19:00-
1000yen(inc 1drink)

0gのテクノ系イベントには欠かせないテクノご意見番、Masaru Saitoが語るテクノの世界
今回語られるアーティストは・・・

Audio Werner
Basic Channel
Maurizio
Rhythm & Sound
Mike Ink(Wolfgang Voigt)
Ricardo Vilalobos
Lusine
DeepChord, Echospace, cv313, Phase90
Masomenos
Bruno Pronsato

Masaru Saito曰く
「今回紹介する音楽はテクノ・ハウスにこだわらず、私が好きで、かつ影響を受けたものを中心に選んだ」との事
まだ知らないなら、聴くともっとテクノが深く愛せるかも!?

毎度好評の「テクノCD100円叩き売り!(テクノ漫談付)」も同時開催!
テクノ愛に満ちた話を聞きながらテクノ愛が深まる名盤をゲットし、美味い酒を飲みまくってください!!

テクノ語り&音源解説:
Masaru Saito
saito
(Different10, Parusmusic, Bamboo)
1990 年代より音楽を制作開始 影響を受けた音楽は ymo, 808state, the orb, basic channel, snd lusine など
神戸・大阪でイベント Bamboo を主宰する
2010 年末からレーベル Different10Parusmusic をスタート

テクノ語られ:
AmagasakiDeath & 会場にお越しになった皆様
(4/4 Quatre-Quarts, HARD LISTENING P/B 他)
47歳で0gにてクラブ初体験後、3ヶ月後に初イベント「お盆に聞く!中世教会音楽」を催す
以後、雑音楽好きイベントを不定期開催
50歳をめどに徐々にクラブ活動から身をひいていく予定
ふつうのおじさんにもどることをめざす

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。