2017年08月13日(日) お盆に聴く!中世教会音楽の世界 3


open 16:00 (古楽アンサンブル演奏 start / 20:00)
door 1000yen(inc 1drink)

2015年に「暑い夏にクラブで教会音楽を聴きまくると、クールで面白いのでは」という発想から生まれた本イベントも早3回目。

様々な時代のキリスト教教会音楽をとにかく聴きまくるところから始まりました。

前回より試みて大好評だった古楽リミックスは今回、0gのテクノイベントでお馴染み、テクノのアンビエントサイドに鋭く切り込むカズト・ヨコクラによるルネサンス時代フランドル楽派作品を大胆リミックス!現代のクラブシーンと、クラシックより以前の古楽がどう融合するのか?!

そしてイベント3回目にして!ついに今回!古楽の歌と生演奏を実現!!
プロの演奏家が少なく、一般的に活動が目に付きにくい古楽リサイタルを0gで体験できるチャンスです!
もちろん使用するのも古楽器です。
厳密な調整が可能なモダン楽器と違い、原始的で調整、演奏が難しい古楽器。
独特な音の響きを楽しんでください!

前回も好評だったぽこぺんによる14世紀アルス・スブティリオルと結び付けられる作曲家、チコーニアによる極度に複雑で技巧的な音楽世界を貴重なオリジナル・アナログ・レコードで。解説付きです。凄い音楽ですのでぜひこちらもご堪能ください!

教会音楽のCD展示とDJは尼崎死。

イベントの最終目標である「いつか古楽を生演奏で」という目標が今回達成できたので、本イベントも今回でラストです。最終回!!お見逃しなきよう!ドンミスィッ!!

LIVE:
古楽アンサンブルによる歌と演奏(20:00開始予定)
モンセラートの朱い本やロンドン写本(MS Add.29987)他、より~
ささきひろ子(歌)
坂本卓也(中世フィドル)
ムジキ・ストレピトゥス・アマンテス(中世アンサンブル)

フランドル楽派テクノ・リミックス・ライブ
カズト・ヨコクラ

DJ:
14世紀の作曲家、ヨハンネス・チコーニアのレコードを聴く “Pop That Ciconia”
ぽこぺん

中世~バロックまでの教会音楽のDJ
尼崎死。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。