2019年09月19日(木) PRAED Japan Tour 2019


open 19:30 / start 20:00
2000yen(inc 1drink)

LIVE:
PRAED (from Beirut, Lebanon)

PRAED は スイス人のパド・コンカと、レバノン人のラエド・ヤシンのデュオ。2006年 に結成し、幅広い地域と音色から影響を受けた複雑で実験的なサウンドを手掛ける。音楽と集合的記憶の関係性をクリティカ ルに探る中で、彼等は断片的な音の「ずれ」から織りなされたサウンドスケープを作り上げている。エジプトの「シャアビ」 (大衆音楽)やシリアの「ダブケ」(民間踊り)が見事にフリージャズとエレクトロニクスに衝突する。ユーモアも欠かせな いPRAEDは、カラオケやアラブ映 画からの効果音をパフォーマンスに導入する事も屢々。ライブやラジオセッション、映画のサウンドトラックサンプル等が デュオのレコーディングに取り入れられる事で、抽象的でありながらダイナミックな聴体験が展開される。

PRAED Plusという拡張されたプロジェクトでは、アクセル・ドル ネルやヨハンネス・バウアー、ハンス・コフ、ステファン・リーブズとコラブも行なっている。昨年今まで一番大きな試みでなん と13人の世界的ミュージシャンと一緒にPRAED Orchestraを指導!アラン・ビショップ をはじめ、モリース・ルーカ、サム・シャラビ、ナダ・エルシャズリなど数々の大物を集めて、一時間半の伝説的なパフォーマン スを繰り広げた。

2016年にボブ・ベーカーフィシュはPRAEDの事をこう語っている:
「周りの誰にも似ていないサウドだ。アラブのエクゾチックなポップカル チャーを部分的に探りながらも、刺激的で斬新なやり方でフリージャズとエレクトロをそこにわざと混ぜる事で新しいジャンルの 音楽を独自に作り出し、聞き手をドキッとさせる。」
Founded by Raed Yassin and Paed Conca in 2006, “Praed” is a band whose musical oeuvre can be described as a mixture
of Arabic popular music, free jazz, and electronics. In the same year, the band made its first public appearance in Al Maslakh
festival in Switzerland, immediately followed by a concert at the Irtijal festival in Beirut. Since then, the band has frequented
numerous international music festivals and toured intensively world-wide, spanning Japan, Europe and Canada. Through
these endeavors, the band has created a large global network with other renowned musicians as musical collaborators.
The band consists of two regular members: Raed Yassin playing keyboards, laptop, electronics and vocals; and Paed Conca
on clarinet, electric bass and electronics.

PRAED did also perform under the name PRAED PLUS or PRAED extended as a big band together with Axel Dörner, Johannes
Bauer, Hans Koch and Stephane Rives or with different cast. PRAED had the premiere with a new big band project, the
PRAED orchestra, November 3rd 2018 in Sharjah with the extended line up of Nadah el Shazly, Maurice Louca, Hans Koch,
Martin Küchen, Christine Kazairan, Ute Wassermann, Alan Bishop, Radwan Moumneh, Sam Shalabi, Michael Zerang and
Khaled Yassine.

The band’s body of work mainly explores the terrain of Arabic popular music (“Shaabi”) and its interconnectedness with other
psychedelic and hypnotic musical genres in the world, such as free jazz, space jazz, and psychedelic rock among others.
Since its inception, Praed has shown a very keen interest in this music as a medium that reflects Egyptian society’s
complicated fabric. Through the research it conducted, the band began to discover a strong cultural connection between
“Shaabi” sounds and the “Mouled” music is played in religious trance ceremonies. The hypnotizing psychedelic effect that
was embedded in this genre also triggered thoughts around its similarity to other popular music in the world that employ
forms of sonic delirium, such as free jazz and psychedelic rock.
http://www.paed.ch/praed/

DJ:
OPAL7(kuroi black)

アジアを中心に世界各地の埋もれた音を過去〜現在に跨いでスピンを続けるDJ。
そのセレクトはヴィンテージなアナログサウンドのみならず、中国をはじめ、ベトナムやカンボジア、タイなどの東南アジア圏で近年急速に進化しつつある音盤化されてないような現行のダンスミュージックにわたり、中でも特にローカライズ化され独自のスタイルに昇華したものなどを中心に焦点を定めている。
ASIAN MIXシリーズ『黒亜細亜』の作成や、自身のオーガナイズするハイブリッドな越境音楽パーティ『Vintage&Groovin’』では、Soi48やモノラルミニプラグ等を招聘し関西圏でのアジア系パーティの一翼を担う一方、OMKを始め、GA-PI、MAFT SAI、KINK GONG、TAPES、Robert Millis(SUBLIME FREQUENCIES)等々、内外入り乱れ様々なスタイルでアジア音楽を実践する人々との現場を通し、アジアのグルーヴを常に独自の角度から捉え追求している。ae黒いオパール。
https://soundcloud.com/kuroiblack

ilimoto

Last Wednesday Of The Month!
‘DEATH MIX’ @Club NOON (UMEDA)
Resident DJ / Bass Player
from Reggae/DubBand to DJ

twitter @irimito
instagram @1rimito
soundcloud @1rimitarchive

広告

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。