2021年02月06日(土) Sounds of Silence


17:30-21:00
1000yen(no charge)+Donation

LIVE:
KANCHENJUNGA

1999年、instrumental doom metalとして活動スタート。
2006年『white elephant』『AOKIGAHARA』をリリース。
メンバーチェンジを経てambient/noise/drone/improvisationの要素を取り入れる。
2010年『monotheism』をリリース。
https://kanchenjunga-official.bandcamp.com/

Kenji Tsuda

ラップトップをメインに使用し、尖端のインダストリアル、電子音楽を制作。
映像作家、DJとしても活動し、毎月最終水曜には大阪のenvironment 0gにて80年代を総括するイベント[neu!neu!neu!]を主催する。

Junkyard Shaman

Junkyard Shaman はフィンランドから来たジャンクアンビエントアーチストです。
メタルジャンクやギターやテープループを使って,夢の中の感じが産まれられます。
滅亡された世界の音楽です。

Flagio

Flagio is the Osaka-based contrabass artist and composer Tetsuro Hori. Using the contrabass and digital and analog effects, he creates lyrical and hypnotic soundscapes that straddle the genres of ambient, electronic, and post-classical music.
At the age of 14, he began to play the contrabass and eventually started performing with classical orchestras in Osaka. His interests later shifted, and he became a member of several bands playing post-rock, jazz, dub, and acoustic music. He began his solo project Flagio in 2017.
He frequently performs in Japan, with both local and international musicians and dancers.
In January 2019, he released “Syllagjirea”, a collaborative album with the English vocalist Cosimia, under the duo’s name, Siquisye. Another collaborative project Hori is currently involved with is Raiikh, a duo with the electronic artist Nobuhiro Okahashi. Their first album will be released later in 2019.
大阪を拠点に活動するコントラバス奏者・作曲家。
クラシック奏法による深いコントラバスの音色にエフェクトを幾重にも重ね、
クラシック/アンビエント/エレクトロニカ/ダブを内包した抒情的で壮大なポスト・クラシカルサウンドを創り出している。
クラシック奏者としてオーケストラで活動しつつジャズ/ポスト・ロックなどさまざまな音楽でも活動し、2017年からFlagio名義でソロ演奏を開始。国内・海外の即興演奏家やダンサーとの共演を重ねる。
http://oppositetide.com/flagio/

monospin

元町space eauuuを拠点に電子音楽をやったりベースを弾いたりしています。

Junya Hirano (environment 0g / remodel)

https://www.mixcloud.com/junyahirano/
movie: 11th Sep 2020 NANIWA AMBIENT@HOKAGE Osaka

https://remodelremodel.bandcamp.com/music
2020 Recommend Sounds: Link
photo by Kohzu Yoshinori http://www.kohzuyoshinori.com/

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。